関東の建築巡りにおススメの作品18選!日帰りで行ける必見建築総まとめ

まとめ記事

今回は関東地方の建築見学におススメの作品を厳選して紹介したいと思います。
もともとこのサイトでは東京都内をはじめ様々な建築をレポートしてきましたが、この記事では県別に日帰り見学やプチ旅行にイチオシな建築をまとめています。
建築学生の見学会や、建築巡りが好きな人は是非とも参考にしていただければと思います。
では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

埼玉県のイチオシ建築

■1.埼玉県立近代美術館

まず初めに紹介する埼玉県立近代美術館は、埼玉大学が移転した跡地に建てられた美術館で設計は黒川紀章氏によるものです。
並木道を抜けると現れるコンクリートのグリッドが特徴的な建物なのですが、実はこの高さは前面の並木道に合わせた15mの高さとなっています。
調和というよりは異質感が際立ちますが、自然と同化するのではなく異なるものとして融合するイメージが挑戦的な建物です。
エントランスの波打つガラスのバッファーゾーンは内部と外部の中間領域でとなっていて、こちらも建築と自然が融合し、共生する建築を体現しています。
六本木の新国立美術館も黒川氏の設計ですが、新国立美術館の原型が約30年前のこの建物にも見てとれるのがとても興味深い建物で、新国立美術館と比較してみるのも面白いです。

関連記事
・さいたま市の建築見学におススメの作品まとめ

設計:黒川紀章
所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
最寄り駅:北浦和駅徒歩7分
竣工:1982年

やま菜
やま菜

さいたま市ではこの他にも前川國男氏の設計した埼玉会館や埼玉県立歴史と民族の博物館もおススメですよ

■2.さいたま新都心駅・東西自由通路

さいたま新都心駅・東西自由通路は、さいたま新都心構想の一環としてさいたま新都心本体から一足先につくられた駅舎と東西を繋ぐ自由通路です。
設計を行ったのは渋谷の109の先にある宇田川交番を設計したことでも知られる鈴木エドワード氏です。
自由通路の大屋根は駅全体を包み込むダイナミックで開放的なデザインですが、そのふくらみはそのままホームの屋根へと連続していきます。
自由通路ではほとんど柱がない大空間の実現を、一見シンプルですが大胆な形と構造で解決していています。実際に見て体験したい建築ナンバーワンの駅舎です。

関連記事
・さいたま新都心駅を建築ガイド!鈴木エドワード氏の代表作に迫る

設計:鈴木エドワード建築設計事務所+ジェイアール東日本建築設計事務所JV
所在地:さいたま市大宮区吉敷町4丁目261-1
最寄り駅:さいたま新都心駅
竣工:2000年

■3.笠原小学校

笠原小学校は東武伊勢崎線の東武動物公園駅から歩いて10分程の所にある小学校です。
まるで異世界に迷い込んだかのような校舎は、子供達の「生活の場」として丁寧に設計されています。実際に見学してみると奇をてらった派手さとは全く逆の、ずっと昔から慣れ親しんだ場所にいるような「居場所感」のような感覚を感じる優しい建築です。

建物はあるところでは大地と繋がり、あるところでは外部から遮断された隠れ家となっていたりと変化に富む空間は必見です。
光の使い方もすべてを画一的に照明するのではなくて、暗がりがあったり、暗がりの向こう側に光が射していて、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」の世界観を感じます。陰りの中にある「見えない何かへの想像力」が働く名建築です。

関連記事
・陰翳礼讃!笠原小学校は光と影が美しい竜宮城だった

設計:象設計集団
所在地:埼玉県宮代町百間1105
最寄り駅:東武動物公園駅徒歩10分
竣工:1982年

やま菜
やま菜

駅から歩いてくる途中は同じ象設計集団の設計した「進修館」というコミュニケーションセンターがあります。訪れる際は合わせて見学してみることをおススメします。

群馬県県のイチオシ建築

■4.群馬音楽センター

群馬音楽センターは地元の名士である井上房一郎の依頼により創られた群馬を代表する音楽ホールです。
何といってもアコーディオンの蛇腹のように壁から屋根まで一体となって広がる鉄筋コンクリートの折板構造の壁が特徴的な建築です
折り紙のように、または屏風のように折りたたむことで全体を支える構造は、合理的且つ内外ともに唯一無二で独創的な建築をつくりだしています。
内部も柱がほとんどなく、前面のガラス張りのファサードと相まって非常に開放的ですがすがしい空間が体験できます。

設計:アントニン・レーモンド
所在地:群馬県高崎市高松町28-2
最寄り駅:高崎駅徒歩10分
竣工:1961年

関連記事
・群馬県高崎市の建築見学におススメの作品まとめ

やま菜
やま菜

近くにある同じアントニン・レーモンド氏の設計の群馬シンフォニーホールや磯崎新氏の群馬県立近代美術館も合わせてみておきたい建築です。

■5.館林市市民センター

館林市市民センターは建築家菊竹清訓氏が設計した元館林市庁舎です。
この時代の名建築が相次いで解体される中、地元の方々の保存運動のによって解体されることなく現在は市民センターとして活用されていている珍しい建築です。
かつて建築界のスターたちが提案したメタボリズム運動の現存する建築として貴重な建築なのですが、菊竹氏が自邸である「スカイハウス」を更に発展させて、市庁舎としてその理論を体現した様が余すことなく見学できます。
竣工から半世紀以上の時が経ち、廃墟のようで近未来の建築のような独特な雰囲気は解体される前に是非とも味わってほしいです。

関連記事
・群馬県館林市の建築見学におススメの作品まとめ

設計:菊竹清訓
所在地:群馬県館林市仲町14-1
最寄り駅:館林駅徒歩15分
竣工:1963年

栃木県のイチオシ建築

■6.那珂川町馬頭広重美術館

那珂川町馬頭広重美術館は、栃木県生まれの故青木藤作氏が大正から昭和初期にかけて収集した歌川広重の肉筆画を中心としたコレクションを所蔵・展示する美術館です。
設計したのは今や日本を代表する建築家である隈研吾氏で、那珂川町の景観に溶け込むように平屋建てで大きな切妻屋根が特長の建築です。
木造ではありませんが、地元産の八溝杉を多用することで現代的でありながら伝統的で落ち着きのある雰囲気が醸し出されています。
シンプルな構成でありながらルーバーの間から差し込む光や、向こう側に見える風景が刻々と変化するので常に楽しめる建築です。

設計:隈研吾建築都市設計事務所
所在地:栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
最寄り駅:JR氏家駅、西那須野駅よりバス約60分
   JR烏山駅よりバス約40分
竣工:2000年

■7.JR宝積寺駅

宝積寺駅はJR宇都宮線の駅であり烏山線の起点駅である駅舎で、こちらも設計は隈研吾氏によるものです。
何といっても注目すべきは階段と自由通路の天井に設けられた菱形の木天井で、これが後に高輪ゲートウェイ駅にも繋がっていく試みの原型ともいえる実験的な駅となっています。
外観が黒くシンプルな矩形の駅舎に対して、この立体的でダイナミックな天井によって驚きと高揚感が一層高まる仕掛けになっています。
形はダイナミックですが、予算も限られる中で素材としては安価なものを使いながら、変化をつけにくい駅舎建築を今まで見たことないような演出で完成させた手腕はさすがです。
菱形のピースの間の隙間には照明が配置されていて、機能的にも優れ、夜の景観も美しい建築となっています。

設計:隈研吾建築都市設計事務所
所在地:栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2377
最寄り駅:宝積寺駅
竣工:2008年

関連記事
・栃木県の隈研吾が設計した「超」おススメ建築6選を見学

やま菜
やま菜

宝積寺の駅前には他にも隈氏の建築があったり、ちょっと足をのばすと石の美術館があります。時間に余裕があればそれらも合わせてみておきたいですね

茨城県のイチオシ建築

■8.水戸芸術館

水戸芸術館は水戸駅から程なくのところにある美術館・コンサートホール・劇場などの複合文化施設です。
設計したのは日本を代表する建築家である磯崎新氏で、約100mあるシンボルタワーはテレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか。
音楽・演劇・美術の3分野にはそれぞれ専門家が芸術関係が任命されていて、設計者との緻密な協議によってつくられた建築は正に芸術の殿堂ともいえる建築作品となりました。
また、高さ11mの吹き抜けホールはパイプオルガンが設置されていて、普段はエントランスホールや市民ギャラリーとして使われていますが、コンサートを行うことも出来ます。
3角形の組み合わせによってつくられた3重螺旋のDNAのような塔は実際に登ることも出来て、中の丸窓からは水戸の景色が一望できます。

設計:磯崎新アトリエ+三上建築事務所
所在地:茨城県水戸市五軒町1-6-8
最寄り駅:JR水戸駅よりバス10分
竣工:1990年

■9.日立シビックセンター

日立シビックセンターは日立駅前に建てられたホールや図書館、科学館、情報センターなどが一体となった市民施設です。
何といっても最初に目に入るのは空中に浮かぶナゾの球体ですが、この球体は天球劇場というプラネタリウムとなっています。
都市の交差点と位置づけられた中央のアトリウムからはそれぞれのセクションにアクセスできるようになっていて、建築の内外を歩き回りながら巡るのが楽しい建築です。
最初のうちは批判もありましたが、上部に浮かぶ円形劇場を含めたその姿は日立のランドマークとして唯一無二のものとなっていて日立の目玉建築の1つです。

設計:坂倉建築研究所
所在地:茨城県日立市幸町1-21-1
最寄り駅:日立駅徒歩3分
竣工:1991年

関連記事
・茨城県日立市の建築見学におススメの作品まとめ

やま菜
やま菜

日立市ではこの他にも白井晟一氏の茨城キリスト教学園 聖セバスチャン館・聖キアラ館や妹島和世/SANAAによる日立駅自由通路および橋上駅舎や最近完成した市庁舎など見どころ満載の建築が数多くあります。

千葉県のイチオシ建築

■10.ホキ美術館

ホキ美術館は市営公園である昭和の森に隣接して建てられた写実絵画専門の私設美術館です。
住宅地に隣接して建てられた建物で、訪れてみるととても小さな美術館なのですが、何といってもまず最初に目を引くのは30mの大スパンが空中に浮くギャラリーです。
このギャラリーは約100mほどの奥行の長い回廊になっていて、絵画との鑑賞距離から導き出された壁面が緩やかにカーブしています。
この細長い回廊は地下にも埋め込まれていて、それぞれの回廊で全く違った空間になっているのも見どころです。
残念ながら2019年の台風の影響で長期休館となっていますが、再開されたら絶対に訪れたい建築です。

設計:山梨知彦+中本太郎+鈴木隆+矢野雅規/日建設計
所在地:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
最寄り駅:土気駅よりバス5分
竣工:2010年

やま菜
やま菜

建築も素晴らしいのですが、展示されている写実絵画がスゴく素敵です。何度行っても大満足の現代の名建築です!

■11.佐原の伝統的建造物群

江戸時代に利根川を利用して物資を運ぶ中間地点として栄えてた佐原の街は「水郷の町」「北総の小江戸」とも呼ばれて江戸時代から戦前にかけて大いに発展しました。
1996年には関東で初めての重要伝統的建造物群保存地区に選定され、築100年以上の貴重な建築群が多数残る千葉県を代表する近代建築スポットとなっています。
また日本全国を測量して「大日本沿海輿地全図」を作成した伊能忠敬ゆかりの地でもあり、江戸時代に建てられた伊能忠敬の自邸の一部は何と伊能忠敬本人の設計だったりします。
建築・歴史・自然を一挙に味わえるので、週末のプチ旅行にピッタリのスポットです。

佐原の建築や観光スポットについては近日アップ予定ですのでもう少々お待ち下さい。
関連記事
・水郷の町佐原を満喫!建築から観光まで魅力あふれる街を徹底紹介

神奈川県のイチオシ建築

■12.大さん橋国際客船ターミナル

大さん橋国際客船ターミナルは国際コンペで選ばれたfor(Foreign Office Architects)による客船ターミナルと広場が一体となった建築です。
これを建築といっていいのかどうか迷うほどの、建築の様な公園のような、海に顔を出した鯨の上を歩いているかのような不思議な構築物です。
通常私たちが建築を認識するときは、「これは床」「ここは壁」と当たり前のように認識していますが、forはこの建築でそうしたこれまでの建築言語を乗り越えることを試みています。
竣工からもうすぐ出20年になりますが、今でも横浜のスポットの中でも人気のスポットで、横浜を訪れた際には是非とも堪能したい建築です。

関連記事
・うねる大地!?大さん橋国際客船ターミナルの建築の秘密を徹底レポート

設計:for(アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ファッシド・ムサヴィ)
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通1-1
最寄り駅:日本大通り駅徒歩7分、関内駅徒歩15分
竣工:2002年

やま菜
やま菜

すぐ向かいには赤レンガ倉庫があったり、ランドマークタワーをはじめとした高層建築群が見えてロケーションは抜群です

■13.横須賀美術館

横須賀美術館は北側を東京湾に向け、3方を緑地に囲まれた敷地に建つ美術館です。
建築家 山本理顕氏が設計した初の美術館で、繭の様な建築がガラスに囲われて地中に埋まっているのが特徴です。
通常の美術館は収蔵品を守るため、美術鑑賞に集中する為に箱のような空間で外部から遮断することが多いのですが、この建築は「半分地下に埋める」「丸い穴をあけた鉄板」「透明なガラス」といった閉じながら繋げる工夫を何重にも組み合わせることで、周辺環境との距離感を調整して「閉じながら開いた美術館」を実現しています。

関連記事
・横須賀美術館を見学!その不思議な建築を解説!

設計:山本理顕
所在地:神奈川県横須賀市鴨居4-1
最寄り駅:横須賀駅からバスで約30分
竣工:2006年

やま菜
やま菜

私は今までに3~4回訪れていますが、一緒に行った人の満足度がダントツでナンバーワンの美術館です。

■14.湘南台文化センター

湘南台文化センターは湘南台駅の駅前にある公民館、展示施設、市民シアターなどからなる文化複合施設です。
1986年に行われたコンペで最優秀賞に選ばれた長谷川逸子氏は、当時としては(今でもですが)かなり珍しい市民とのワークショップやディスカッションを積み重ねることで最終的な計画をまとめていきました。
人工的につくられた丘のような森のような建築はかなり仰々しく見えますが、近づくと建築の大部分は地下に埋められていて利用者が自由に行きかう広場や自然と呼応する様々な人工物が注意深く配置されていることに驚きます。
今だったら木などの自然素材や植物を多用するところですが、基本的にはメタリックな構築物がギラギラと輝いています。かといってさびれた建築になっているかというと全くそんなことはありません。
建物の中も外も多くの利用者に溢れていて、豊かな環境が醸成されていることがよく伝わってきます。是非とも自身の目と体で体験してほしい名建築です。

設計:長谷川逸子建築計画工房
所在地:神奈川県藤沢市湘南台1-8
最寄り駅:湘南台駅徒歩5分
竣工:1990年

東京都のイチオシ建築

都内のイチオシ建築についてはあり過ぎて選びにくいのですが、今回は4つに絞って紹介します。更に気になる方はメニューから各建築の記事をみていただけると嬉しいです。

■15.高輪ゲートウェイ駅

都内の建築の1つ目である高輪ゲートウェイ駅は2020年にJR山手線・京浜東北線の田町~品川駅間にできた新駅で、JR山手線の新駅としては1971年に出来た西日暮里駅以来49年ぶりとなりました。
上空に掛けられた大屋根は日本の折り紙をデザインをモチーフにしていて、ジグザグに折れ曲がる白いフレームに薄い膜が張られているのが特徴的な建築です。
隈研吾氏の近年の作品では、近代化の中でずっと置き去りになっていた屋根という部位に注目してきました。
日本の歴史的にも気候的にも本来であれば重要だった屋根という要素を、自然の素材と合わせて再解釈しています。ついにテーマを結実させた隈研吾氏の最新作として必見の建物です。

関連記事
・高輪ゲートウェイ駅に突入!隈研吾による建築デザインの注目ポイントを解説

デザインアーキテクト:隈研吾建築都市設計事務所
設計:東日本旅客鉄道東京工事事務所、東京電気システム開発工事事務所、JR東日本コンサルタンツ・JR東日本建築設計JV
所在地:東京都港区港南2丁目
竣工:2020年

■16.中銀カプセルタワービル

中銀カプセルタワービルメタボリズム(新陳代謝)運動の主要メンバーであった黒川紀章氏が設計した集合住宅です。
この建物はカプセル型住居が更新されることで建物自体が新陳代謝することが目指された建築で、設計当初はこのカプセルを取り外して、古くなったら取り換えることが構想されていました。(残念ながら一度も取り換えることはなく現在に至ります)
水平に広がる街から、垂直に伸び、集約・更新される都市の姿が提案されたまさに未来の建築です。
ちなみにカプセルのサイズは約10m²で、これはトレーラに積めるサイズということで決定されています。このカプセルを取り外し、週末は郊外に持って行って自然の中で過ごすなんてことも考えられていたのが興味深いです。

関連記事
・中銀カプセルタワーは新陳代謝する建築!?内部潜入レポート

設計:黒川紀章
所在地:東京都中央区銀座8-16-10
最寄り駅:汐留駅徒歩5分、新橋駅徒歩5分
竣工:1972年

やま菜
やま菜

こんな奇抜な見た目の建築ですが、日本の建築業界では伝説的な作品で、日本の近現代の建築史的価値も高い貴重な建築です

■17.東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京で見たい建築を考えた時に欠かせないのがこの東京カテドラル聖マリア大聖堂です。
設計を行ったのは「世界の丹下」こと日本建築界の大巨匠丹下健三氏で、この教会は彼の代表作となっています。
外観はふだん私たちがイメージする教会らしくない、シルバーに輝く外壁は8枚のシェルという構造によって成り立っているのですが、内部に入ると更に驚きの空間が姿を現します。
上空に伸びる8枚のシェルは頂上部で十字架の形で合わさっていて、そのトップライトから漏れる光で教会の内部は荘厳な雰囲気に包まれています。
構造的な合理性、巧みな配置計画、空間の美しさなどすべてが融和した空間は言葉には尽くしがたいまさに神と対峙するような場所が生まれていています。

設計:丹下健三+都市・建築設計研究室
所在地:東京都文京区関口3-16-15
最寄り駅:護国寺駅、江戸川橋駅徒歩15分
竣工:1964年

■18.国立西洋美術館

最後に紹介する国立西洋美術館は近代建築の3巨匠ともいわれるフランスの建築家ル・コルビュジエによって設計され、2016年に世界遺産に登録されたことでも大きな話題となった建築です。
歴史的な大変換ともいえるル・コルビュジエによる近代建築理論が見事に結晶していて、例えばエントランスのピロティは必見です。
初期の計画からは大きく変更されてしまいましたが、近づいてみると建物の内外の境界が打ち消されて広場と街と一体になっている空間が体験できます。

関連記事
・西洋美術館って何がすごいの!?その建築を徹底解説

設計者:ル・コルビュジエ+前川國男
所在地:東京都台東区上野公園
最寄り駅:上野駅徒歩2分
竣工:1959年

関連記事
・上野駅周辺の建築見学におススメな建築15選

やま菜
やま菜

ちなみに上野は東京国立博物館や東京文化会館など他にも見ごたえ抜群の建築が沢山あるので、合わせて見学しちゃいましょう!

いかがでしたでしょうか。
この他にも詳しい解説や、ここでは紹介しきれなかった建築もたくさんレポートしていますので、よろしければメニューから「東京建築案内」「関東建築案内」を是非チェックしてみて下さい。


建築学ランキング
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築好きは要チェック!

■他にもこんな記事がおススメです
・有名建築家が設計した都内の「お寺」建築まとめ【東京】
・スヌーピーミュージアムも移転!今話題のグランベリーパークに潜入してきた【東京町田】
・東京にイタリア街!?デートにも観光にもおススメのスポットを徹底レポート【東京汐留】
・プレゼントに最適!建築士&建築好きに贈るセンスのいいギフト10選

タイトルとURLをコピーしました