東京都内のおススメ建築30選!見学必至の名建築をレポート

スポンサーリンク

3.組織設計事務所やゼネコンによる作品にも注目

■神保町シアタービル(日建設計)

神保町シアタービルは小学館と吉本興業が協同で企画した複合施設で、吉本興業のお笑い劇場や演劇、映画などが楽しめるおすすめスポットです。
設計を行ったのは日本最大の設計事務所である日建設計で、この作品を提案した山梨知彦氏・羽鳥達也氏によるチームは千葉のホキ美術館なども手掛けた最精鋭の建築です。
タケノコ状の形から卵の殻が割れて中からエネルギーが湧き出てくるような劇場のデザインが特徴的で、神保町界隈にかつてあった小劇場のエネルギッシュで活発な姿が現代に蘇っています。

建築業界で10年ほど前から業界を一変すると囁かされていたBIM(Building Information Modeling)という概念をいち早く取り入れて設計された建物で、デザイン面だけでなくその建築手法にも注目したい建築です。
詳細レポート
・神保町シアタービルがスゴイ!建築好きおススメの現代の小劇場をレポート【東京神保町】

設計:日建設計(山梨知彦+羽鳥達也)
所在地:東京都千代田区神田神保町1-23
アクセス:神保町駅徒歩約3分
竣工:2007年
公式HP:https://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/
備考:2008年度グッドデザイン賞受賞

■北区立中央図書館(佐藤総合計画)

北区立中央図書館は北区中央公園内の旧陸軍兵器製造所内の赤レンガ棟を改修・増築して建てられた図書館です。
この元陸軍施設は戦後は米軍関連施設や倉庫として利用されていましたが、現在では北区に管理が移管され区立の中央図書館として活用されるようになりました。
三角屋根の赤レンガ部分に対して、ガラスとコンクリートのシンプルな建築が接続される構成となっていて、設計は近代建築の改修プロジェクトに定評がある大手設計事務所の佐藤総合計画が手掛けています。
図書館の読書スペースやカフェ部分など、倉庫の高い天井高が効果的に活用されているほか、敷地の高低差を見事に建築にとり込み、アプローチやイベントスペースなど環境を生かした様々な空間を生み出しているのも注目ポイントです。

古い建物に対してあえてガラスやコンクリートといった素材を用いることで、新旧のコントラストが生まれている点も見どころです。
詳細レポート
・赤レンガ倉庫を改修した北区立中央図書館がすごすぎた【東京十条】

設計:佐藤総合計画
所在地:東京都北区十条台1-2-5
アクセス:王子駅徒歩約15分、十条駅・東十条駅徒歩約12分
竣工:2008年
公式HP:https://www.library.city.kita.tokyo.jp/

■MIYASHITA PARK(竹中工務店)

MIYASHITA PARKは渋谷駅前の明治通り沿いに建てられた商業施設・ホテル・公園が一体となった複合施設です。
元々は地上2階建ての宮下公園だった全長約330メートルの敷地に、3階建ての商業施設と屋上公園、地上4階~18階にはホテルが建設整備され、2020年7月に新たな宮下公園としてオープンしました。
渋谷ではスクランブルスクエアをはじめ続々と超高層の建築が計画される中、地上3階建てを基本としたMIYASHITA PARKはかなり変わった建築に見えます。

あえて鉄道や橋といった土木構築物のスケールをデザインの前面に出すことで、ヒューマンスケールから掛け離れた建築となることを避けているのはとてもユニークです。

MIYASHITA PARK

また、こうした建築は総じて薄暗く閉鎖的になりがちですが、MIYASHITA PARKはかなり注意深く「抜け感」がデザインされているのが特徴で、小さな視線の誘導から街へ連続していく大きな移動の誘導まで都市スケールのデザインがされていることも注目ポイントです。
詳細レポート
・ミヤシタパークが激変!生まれ変わった空中公園を建築に注目してレポート【東京渋谷】


>sequence MIYASHITA PARKの詳細をじゃらん.netで見る

プロジェクトアーキテクト:日建設計
設計:竹中工務店
所在地:東京都渋谷区神宮前6-20他
アクセス:渋谷駅徒歩約3分
竣工:2020年
公式HP:https://www.miyashita-park.tokyo/

■日比谷OKUROJI(東鉄工業+交建設計)

前半最後に紹介する日比谷OKUROJI(オクロジ)JR有楽町駅とJR新橋駅を繋ぐ線路の高架下約300mの区間の再開発プロジェクトで、2020年9月にオープンした最新スポットです。
プロジェクトの対象地となっている新橋から東京駅を繋ぐ東京市街線(新永間市街線高架橋)は1910年に日本初の鉄道高架橋として建設され、100年以上の歴史を持つ近代遺構でもあります。

まさに違った世界にトリップするかのような妖しさとワクワク感のあるエントランスを入ると、日常と非日常の世界が共存しつつ、「ちょっと特別な空間」に連れて行ってくれるトンネルのような内部空間が広がります。
日比谷側にある明治期から続く煉瓦アーチだけでなく、その後の時代につくられたコンクリートの高架にも注目で、明治から現代にかけた100年の歴史それぞれにスポットが当てたデザイン思想を読み取れます。

高架の間の空間は飲食店のテラススペースになっていたり、アウトドアショップのテントが張られたりと様々に活用されていて、古きを継承しつつ新時代に向けた新たな建築の息吹を感じることができます。
詳細レポート
・日比谷OKUROJIがスゴい!建築好きがその魅力とポイントをレポート【東京日比谷】

設計:東鉄工業+交建設計
所在地:東京都千代田区内幸町1-7
アクセス:日比谷駅より徒歩約6分、新橋駅より徒歩約6分
竣工:2020年
公式HP:https://www.jrtk.jp/hibiya-okuroji/

ちなみに東京都内の高架下建築については他にもこのブログで取り上げていますので興味のある方は是非合わせてご覧ください。
関連記事
・御徒町~秋葉原の高架下AKI-OKAがスゴい!新施設も含めてその魅力を徹底レポート
・中目黒高架下を見学!おススメの建築を徹底レポート
・マーチエキュート神田万世橋がスゴい!近代遺構を活用した商業空間を徹底レポート

【おススメ】
最近友人やパートナーに本のプレゼントが流行っているってご存じですか。
一冊の本との出会いは、それこそ一生モノの出会い。
文学からグラフィックノベル、絵本まで素敵な本を特集しましたので、是非参考にしてみて下さい^^
・本のプレゼントで「超」おススメしたいギフト本20冊【ジャンル別】

4.受け継がれる近代建築も名建築も見逃せない

■国際子ども図書館(安藤忠雄)

国際こども図書館は1906年に建てられた旧帝国図書館を2002年に大幅リニューアルした建築で、改修のデザインは世界的にも著名な建築家安藤忠雄氏が行っています。
実はこの建築、はじめに建設された約100年前も日露戦争による影響から未完成の部分があった未完の建築でしたが、安藤氏はこの近代遺構にガラスの箱を貫入させることで新たな建築として生まれ変わらせました。

壮大な空間に光が溢れ、遥か昔の建築の壁面が地層の様に表れ新旧がぶつかり合う空間は、思わず息を呑んでしまうほどの美しさがあります。
時代が移り変わって尚、存在し続ける建築の醍醐味を存分に体験できる建築です。

併設のカフェもおススメです

設計:久留正道+真水英夫(改修:安藤忠雄+日建設計)
所在地:東京都台東区上野公園12-49
アクセス:上野駅徒歩約10分
竣工:1906年(2002年改修)
公式HP:https://www.kodomo.go.jp/

■東京国立博物館

東京国立博物館は「トーハク」の愛称で親しまれ、数々の国宝や重要文化財が保存・展示される博物館ですが、その展示物を納める建築もまさに国宝級です。

東京国立博物館_本館
本館

例えば本館は、銀座和光の設計でも知られる建築家渡辺仁氏によるもので、帝冠様式の代表作と言われる建物内外装ともに迫力満点。
また、東京国立博物館がすごいのは、敷地内に点在する建物が各年代を代表する建築家による作品として一挙に見学できるところです。

東京国立博物館_表慶館
表慶館
東京国立博物館_宝物殿
法隆寺宝物殿

本館の他にも100年以上前に建てられた表慶館(片山東熊+高山幸次郎/1908年)、東洋館(谷口吉郎/1968年)、法隆寺宝物殿(谷口吉生/1999年)と明治、昭和、平成の名建築が一挙に見れる建築史のテーマパークとなっています。

設計:
 渡辺仁+宮内庁内匠寮(本館)
 片山東熊+高山幸次郎(表慶館)
 谷口吉郎(東洋館)
 谷口吉生(法隆寺宝物殿)
所在地:東京都台東区上野公園13-9
アクセス:上野駅徒歩約7分
竣工:1908年(表慶館)、1937年(本館)、1968年(東洋館)、1999年(法隆寺宝物殿)
開館時間:9:30~17:00
休館日:月曜
公式HP:https://www.tnm.jp/

ちなみに旅行を考えたらまずは大手サイトで調べてみるのがダントツでおススメです。 予約だけじゃなく旅の情報ゲットにも有効なので、こちらから覗いてみて下さい。
【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約
一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

鉄板サイトですが、各社ごとにかなりお得なキャンペーンをやっているのでチェックしてみる価値ありです!お得な情報や掘り出しものキャンペーンが満載ですよ^^

タイトルとURLをコピーしました