正直不動産は「こんな物件には金をもらったって住まない」から始まるスゴ本【不動産漫画】

超おススメ建築本
僕は常々不思議に思っていたのですが、家って誰もが毎日のように暮らしていて、決して少なくないお金を払っているのに、自分も家について無関心すぎないか?と。
かくゆう僕もインテリアやデザインには拘りまずが、契約やら不動産的なことに関しては素人も同然。
そんな中読んだのが、本日紹介する「正直不動産」です。
第1話から「俺なら、こんなクソみたいなオーナーの物件には、金をもらったって住まないけどな」で締める強烈な出だしの漫画です。
「何が??」「どうして??」と不安と好奇心が織り交ざりながらグイグイ読んでしまいます。
あることをきっかけに、祠の祟りにあって一切嘘がつけなくなってしまった主人公の長瀬が、嘘ギリギリのトークで契約をとることが当たり前となっている(と主人公は言っている)不動産業界を「正直」のみ乗り切り、闘い、成長していくという物語です。
原案はドラマ化されたことでも有名な「クロサギ」の夏原武さんということもあり、社会の裏側(実は裏側でも何でもなく我々に日々関わっている表側であることも面白い)の世界で繰り広げられるダークでドロドロしたバトルを、漫画という形で見事に表現しています。

  不動産業界の闇を曝け出す皮肉喜劇!!
営業に必要なこと以外、客に見せも教えもしないーー
そんな不動産業界に前代未聞の爆弾が、いま炸裂する!!
登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は
嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。
だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、
嘘が上手くつけなくなってしまった…!!
千三つと言われる海千山千の不動産業界で
かつての成績が一気に低下する中、
永瀬は、嘘が上手くつけない正直営業で苦戦するが…!?
不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、誕生。

小難しい用語も新入社員の月下というキャラクターを入れることで、知識ゼロでも自然に理解できるように工夫されています。また、単に不動産業界のダークな部分だけに焦点を当てるのではなく、正直に誠実に向き合う主人公の視点をしっかり描き込んでるところがフェアですね。

ダークな部分も確かに真実なんでしょうけど、そうじゃなく頑張っている人もいっぱいいるのも事実ですので。ただし、知らないって怖いという恐怖は存分に味わえます。
エンターテイメントとしてだけでなく、大人の教養としても必読の一冊です。
 
他にも「建築学生・建築関係者が主人公の「超」面白い漫画まとめ(完結済)」や「美大生・芸大生が主人公の「超」面白い漫画まとめ」で建築やアートを題材にしたおススメの漫画を紹介していますので追わせてチェックしてみて下さい。


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました