両国で建築巡り!おススメの名建築10選を紹介【東京両国】

スポンサーリンク

8.すみだ北斎美術館(妹島和世)

続いて訪れたすみだ北斎美術館は両国駅からほどなくにある1250㎡程の小さな敷地に建てられた美術館です。
鏡面のアルミパネルの外装と、地上レベルにあけられたスリット状の通路が特徴で、全面の公園や三周の道路からアクセスできます。
スリットの中に入っていくと外の鏡面パネルからは一転して、ガラス張りの通路空間が広がります。

まるで内臓の中に入ったかのように建物内部に引き込まれるギャップが面白かったです。
江戸東京博物館といい、強大な異物も受け入れて街の風景の一部としてしまうという点で、いかにも両国らしい大胆さと粋感をもつ建築です。

設計:妹島和世
所在地:東京都墨田区亀沢2-7-2
最寄駅:JR総武線両国駅徒歩約8分、大江戸線両国駅徒歩約3分
竣工:2016年

9.ヨシダ印刷東京本社(妹島和世)

ヨシダ印刷東京本社はすみだ北斎美術館から北斎通りを少し進んだところにある印刷会社の本社ビルです。
建物をドレスのようなエキスパンドメタルで覆っているのが特徴ですが、以前の記事でも取り上げたディオール表参道のドレス感を想起させてくれます。

金属という固くて冷たい素材を使いながら、建物の中と外を分断しながら光や視覚的には繋げているのも特徴で、固いような柔らかいような、閉じているような開いているような建築ですが遠くから見たときと、近づいた時で印象がガラッと変わって見えました。
関連記事
・ディオール表参道はドレスを纏った建築!?表参道の注目建築に迫る!【東京表参道】

設計:妹島和世
所在地:東京都墨田区亀沢3-20-14
最寄駅:JR総武線両国駅徒歩約13分、大江戸線両国駅徒歩約8分
竣工:2014年

10.YKK60ビル(槇文彦/槇総合計画事務所)

YKK60ビル(旧YKK R&Dセンター)はヨシダ印刷のすぐ後ろに建つYKKグループのオフィス、研修施設、ホールなどの複合施設です。
様々な機能が美しい立体として組み合わさっていて、見る方向によっても様々な表情を見せてくれます。
地上レベルや上空にせり出す庇もポイントの1つで、建物と街との間にバッファーゾーンを創り出している点も注目です。

設計:槇文彦/槇総合計画事務所
所在地:東京都墨田区亀沢3-22-1
アクセス:JR総武線両国駅徒歩約13分、大江戸線両国駅徒歩約8分
竣工:1993年

いかがでしたでしょうか。
昭和から平成までのあらゆる建築が集う両国が何気にすごい街だったと改めて実感できました。
今回国技館の隣にある両国公会堂だけが訪れられなかったのですが、次の機会に訪れた際は是非ご紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。


↑話題のドラマ「名建築で昼食を」の原案本が建築好きにかなりおススメです!
「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」(Amazonでチェック!)

建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければ応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■他にもこんな記事がおススメです
・石川酒造で酒蔵見学!酒だけでなく建築も注目の酒蔵をレポート【東京福生】
・東急プラザ銀座に潜入!その建築的魅力と工夫を紹介【東京銀座】
・プレゼントに最適!建築士&建築好きに贈るセンスのいいギフト10選

タイトルとURLをコピーしました