サポーズデザインオフィスの東京都内のおススメ作品12選

今日は建築家 谷尻誠氏・吉田愛氏が主宰するSUPPOSE DESIGN OFFICEがデザインした東京都内で見られるおススメ建築を紹介したいと思います。
SUPPOSE DESIGN OFFICEといえば広島・東京を中心に話題の新規プロジェクトからリノベーションを数々手掛ける新進気鋭の設計集団。
是非街歩き・建築巡りの参考や、バーチャル建築巡りとして楽しんで頂ければと思います。

スポンサーリンク

1.社食堂

社食堂

まず初めに紹介する社食堂は1990年に建てられた鉄筋コンクリート造のマンションを改修したSUPPOSE DESIGN OFFICEの東京事務所兼社食です。
社食と言っても「社員の食堂」という従来の意味の社食ではなく「社員+社会の食堂=社食堂」をコンセプトにしていて、一般の人も利用できるのが特色です。

店内の半分のスペースは実際にSUPPOSE DESIGN OFFICEの東京オフィスとして使われているのですが、「クリエイターには閉じきったオフィス以外のところでもたらされる刺激や環境も重要なアイディアの元になる」という信念からこのようなオフィスにしているそうです。

社食堂
社食堂

看板メニューであるサポーズカレーは、何度通っても食べたくなるクセになる美味しさ。
お皿もSUPPOSE DESIGN OFFICEを主宰する吉田愛氏がデザイン監修を務めて完成させたこだわりの一品で、SUPPOSE DESIGN OFFICEを堪能するにはもってこいのおすすめスポットです。
詳細記事
・社食堂がスゴい!設計事務所が手掛けた話題の食堂をレポート【東京代々木上原】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
所在地:東京都渋谷区大山町18-23 B1F
アクセス:代々木上原駅徒歩約6分
竣工:2017年(改修)
営業時間:11:00~21:00
定休日:日曜、祝日

2.BOOK AND BED TOKYO 池袋本店

続いて紹介する池袋駅の西口を出てほどなくのところに建つBOOK AND BED TOKYO池袋本店です。
BOOK AND BED TOKYO「泊まれる本屋」をコンセプトにしたちょっと変わった宿泊施設で、約1700冊の本が並ぶ本棚とベッドが一体となった空間で思う存分本の世界を堪能できます。
宿泊施設ではありますが、昼間の短時間利用も可能なので、ちょっとしたスキマ時間にごろごろしながら本を読むのもおススメの過ごし方です。

棚に並べられた本も文学・エッセイ・写真集・漫画など様々で、秘密基地のようなワクワクする空間で好みの一冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

詳細記事
・泊まれる本屋!BOOK AND BED TOKYO池袋を建築好きが徹底レポート【東京池袋】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
所在地:東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7・8階
最寄り駅:池袋駅徒歩2分
竣工:2015年
公式HP:https://bookandbedtokyo.com/ja/

3.ひぐらしガーデン

ひぐらしガーデン

ひぐらしガーデンは日暮里駅からほどなく歩いたところにあるベーカリーと本屋さんが一体となった複合施設です。
住宅街の中に現れる大きな「イエガタ」の屋根を持つ建物は、新しさと懐かしさの両方を感じるちょっと不思議な建築。
パン屋さん、本屋さん、工房という3つの機能がこの大きな屋根によって1つにまとめ上げられていていて、大きな屋根に守られつつ、街との繋がりも意識した建物になっています。

ひぐらしベーカリー_内観

「縁側」のようにデザインされた店内席や、外に向かって少しだけ高さが上がるようにデザインされた庇など街と連続するための様々な仕掛けも必見の建物。
休日に訪れて、建築と焼きたてのパンを堪能する贅沢な時間が過ごせます。
詳細記事
・ひぐらしガーデンがスゴい!建築も素敵なベーカリーを徹底レポート【東京日暮里】

ひぐらしベーカリー_ランチ

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
所在地:東京都荒川区西日暮里2-6-7
アクセス:日暮里駅徒歩約7分
竣工:2016年
営業時間:
 ベーカリー:8:00~18:00
 本屋:10:00~18:00
定休日:月曜日
公式HP:http://higurashi-garden.co.jp/

4.FOOD&TIME ISETAN アトレ品川 クイーンズ伊勢丹

FOOD&TIME ISETAN アトレ品川

続いて紹介するFOOD&TIME ISETAN アトレ品川は品川駅の港南口直結のアトレの3階につくられたマーケットとフードコートの複合施設です。
マーケットエリアは海外の高級マーケットのような洗練されたデザインが特徴で、シンプルで上質なイメージを感じます。店内のデザインはニューヨークを意識した店舗デザインとしたそうですが、海外のスーパーのような洗練されたイメージを出しつつ、障子や畳割をモチーフにした日本的な美意識を随所に垣間見ることができます。

FOOD&TIME ISETAN アトレ品川

また、フードコードエリアでも約110席の座席に個性的な店舗が軒を連ねていて、駅を利用する旅行者やビジネスマンも気軽に利用できるので、品川駅を訪れた際は是非立ち寄ってほしい建築です。
詳細記事
・FOOD&TIME ISETANが面白い!話題の商業施設をレポート【東京品川】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
プロデュース:柴田陽子
所在地:東京都港区港南2丁目18-1 アトレ品川3階
アクセス:品川駅徒歩約1分
竣工:2016年
営業時間:
 クイーンズ伊勢丹 10:00~22:00 
 フードコート 8:00~22:00(平日)、10:00~22:00(土日祝)
フードコート座席数:110席
公式HP:https://www.atre.co.jp/store/shinagawa/shop/detail/401

5.池上線五反田高架下

池上線五反田高架下は東急池上線の大崎広小路駅から五反田駅の高架下につくられた商業施設です。
池上線の特に高い高架二股の高架を活かしたトップライトを活かしたデザインが特徴で、都内にいくつかある他の高架下建築とは一味違った、水平方向を意識した空間構成が面白い作品です。

池上線五反田高架下内観

店舗は「URBAN EXPERIENSE」をコンセプトにしていて、都会の中で日常とはちょっと違った体験ができる個性的な店舗がズラリ。現在の五反田エリアの中でも最も注目される建築といえます。
シンプルな鉄とガラスのフレームと、力強いコンクリートの対比がとても美しくて、高架下空間のデザインの新たな可能性を追求した作品となっています。
詳細記事
・五反田駅の高架下が面白い!生まれ変わった高架下建築をレポート【東京五反田】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE+交建設計
所在地:東京都品川区西五反田1-22-4他
アクセス:大崎広小路駅徒歩約1分、五反田駅徒歩約5分
竣工:2018年
備考:2018年度グッドデザイン賞受賞

6.千駄ヶ谷のトイレ

千駄ヶ谷のトイレは千駄ヶ谷駅の南側の東京体育館の目の前に建つ公衆トイレで、高さ7.5mコンクリート外壁の外壁が地面から50cm浮いているデザインが特徴的な建築です。
外からは武骨なシェルターのように見えますが、中に入ると入れ子状に設けられたブースとコンクリートのコントラストがとても印象的で、降り注ぐ光が外部からは想像できない豊かな環境を創り出していました。
一見してトイレとは分かりにくいデザインが魅力的ではありますが、一見さんにはちょっとハードルが高くてわかりづらいのが正直なところ。この間再訪したら、壁に赤と青の分かりやすいサインプレートが追加されていました 笑

渋谷の公衆トイレと言えばTHE TOKYO TOILETが話題になっていますが、この数年で都内にTHE TOKYO TOILET以外にもカッコいい公衆トイレが続々と誕生しているのも面白い現象です。
関連記事
・渋谷のTHE TOKYO TOILETを建築好きが巡る!全トイレを徹底レポート【東京渋谷】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
所在地:東京都渋谷区千駄ケ谷1
アクセス:千駄ヶ谷駅徒歩約1分
竣工:2020年


災害の時に一番困るのがトイレですよね。備えあればあれば憂いなしだと思うので、今のうちからチェックして備えておくのがおススメです。>Amazonから詳細を見る

こちらはAmazonでも話題沸騰中の住んでみたい空想の家を30点以上収録した設定集!
ページをめくるのが本当に楽しくて、久々にワクワクが止まらなかった建築好きイチオシの本です。

>>Amazonから詳細が見れます

タイトルとURLをコピーしました