梵寿綱が設計した都内の不思議な建築1【東京池袋】

東京建築案内
東京建築トリップ第1回目は池袋の梵寿綱建築です。
いきなりマニアックなチョイスですが梵寿綱で「ぼん じゅこう」と読みます。その作風から「日本のガウディ」と呼ばれることもあります。
本日はそんな梵寿綱氏の建築の中から斐禮祈(ひらき):賢者の石を紹介します。
DSC_2178
 
ちなみにすぐ目と鼻の先には同じく梵寿綱氏の設計した「ヴェッセル:輝く器」がありますのでこちらの記事も興味があれば合わせてお読みください。
スポンサーリンク

①設計した梵寿綱とは

まず梵寿綱というのはアーティストネームのようなもので、本名は田中俊郎さんという日本の建築家です。
梵寿綱氏は1934年に東京都生まれでで早稲田大学の建築学科卒業しています。
早稲田大学を卒業後渡米し、シカゴ美術館附属美術大学で学んだ後アメリカとメキシコを周遊し帰国、1974年より梵寿綱を名乗りながら建築家・アーティストとしての活動を開始しました。
建築以外にも工芸家や彫刻家、職人の仲間と共に「梵寿綱と仲間たち」を結成し、従来の建築とは全く異なった建築を次々に創りだしています。
ただしここで従来の建築といった言い方は正しくないかもしれません。
明治以降日本でも大学で建築を収めた一部のエリートが西洋の建築史を継いだ建築を創りだす「建築家」となっていく中で、建築を創るものはそういった建築家だけのものではないだろうと考えた人ともいえます。


こちらは早稲田の集合住宅ドラード早稲田。

本来建築が、誰にとっても開かれ、誰がどのように行ってもよいものだとするならば梵寿綱こそが正当な建築家とも言えるかもしれません。

②建築の概要

斐禮祈(ひらき):賢者の石」という作品です。
いきなり強烈ですね。

1Fは居酒屋と酒屋の倉庫・事務所、上階は集合住宅となっておりもちろん入居者さんがいらっしゃいます。

特徴はやはりその内外観。これでもかと装飾が施されていますがまだまだ現役の建築です。実際に賃貸サイトで入所募集していることもあり、タイミングさえ合えば実際に住むこともできます。
梵寿綱建築には機能としては集合住宅の建築が多くありますが、一部の人がー部の時間しか使わない建築ではなく、人が実際に住まう建築を多く建てたことはとても興味深いことです。

 

③なぜこんな建築なのか

梵寿綱氏という人は工業化・標準化していく建築に疑問を感じていました。そして梵氏は同じ志を持つ仲間たちと「梵寿綱と仲間たち」というグループを結成して活動をはじめました。

ここで梵寿綱が反対したのは「インターナショナルスタイル」をはじめとするモダニズム(近代建築運動)です。

インターナショナルスタイルが掲げたのは、世界中どこにでも建てられて、国や土地や人種や宗教や信条を乗り越える未来の建築。その結果ホワイトキューブといわれるようなシンプルで要素をそぎ落とした建築が提示されました。
その近代建築の3巨匠の一人といわれるミース・ファンデル・ローエの言葉に「Less is more(少ないものはより豊かである)」があります。
複雑化・多様化する社会において100人の人がいたら100通りの空間を創るのではなく、1つの大きくシンプルな(それでいて美しい)空間を創ればいい。あとはその中にいる人の個性がその空間を彩っていく。そのほうが多様化して常に変化する社会に対応できる」
これは説得力に溢れる言葉ですね。
そんな言葉に対して「ふざけんじゃねぇ!!」と反対したのが梵寿綱氏という人です。
そんなことを言ったって、モダニズムといって建てられたビルはどれも同じようなものばかりで、無表情で、まるで病院の無菌室にいるようじゃないか!!」と。
この流れに対して梵寿綱氏は、もっとつくり手の思い入れや個性があっていいんじゃないか、つくり手の情念が表れておどろおどろしくて「分からない」部分があっていいんじゃないかと考えました。
このことは、白黒のハッキリさせ、「分からないこと」への許容がますます狭くなる現代においてとても重要な問いかけのように思えます。

④意味を考えるより先に想像しよう

この建築をいくら見ても、装飾の1つ1つの本当の意味は分らないかもしれません。ただ、その装飾をみて「ここはこう思ってつくったのかな?」と想像する余地(楽しさ)がこの建築にはあります。
それこそ他の無味無臭な商業ビルではできない楽しみがあって、この建築の価値なのだと思います。
【池袋】梵寿綱の不思議な建築1-2
これは住居部分へのエントランス。

様々な意匠が施されています。梵寿綱建築は照明もポイントです。光と影で装飾の表情が様々に変わって見えるので実際に訪れた際はご自身で確認してみてください。

■まとめ
・現在も尚世界を取り巻く近代化の流れに疑問を呈し、独自の建築を実践した建築家が梵寿綱
・職人達を中心にして、工業化とは真逆の「手垢」を残した唯一無二のデザインを目指した
・よく分からないこと、解釈が分かれることを逆手にとって自分なりの面白さを想像しよう

■建築情報
名称:斐禮祈:賢者の石
設計者:梵寿綱
所在地:豊島区南池袋2丁目
最寄り駅:池袋駅東口徒歩10分、東池袋駅徒歩5分
竣工:1979年

いかがでしたでしょうか。
ちなみに目の前にはこちらの「南池袋公園は都市のリビング。休日はここでのんびりピクニック」でも紹介した南池袋公園があります。池袋に用事があった際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
さらに記事の最初でも触れましたが、実はこの建築の目の前にもう一つ梵寿綱建築 「ヴェッセル:輝く器」 があります。
次回記事ではもう1つの建築「 ヴェッセル:輝く器 」を紹介しますのでよろしければ合わせてご覧ください。(こちらのリンク)

梵寿綱氏について詳しく知りたい方はこちらの書籍がイチオシです!ぜひ一度見てみて下さい。


建築学ランキング

↑建築系のブログランキング。建築好きは要チェック!

■他にもこんな記事がおススメです

コメント

タイトルとURLをコピーしました