ハモニカ横丁ミタカは隈研吾デザインの隠れ名建築だった【東京三鷹】

東京建築巡り

本日トリップする建築はこちら。
戦後の吉祥寺駅前にできた闇市が発祥のハーモニカ横丁が、「ハモニカ横丁ミタカ」として三鷹にもリニューアルオープンしているのでご紹介します。

しかもそのデザインは国立競技場をはじめ今や日本を代表する建築家といっていい隈研吾さんが手掛けています。
もともとは原田真宏さん率いるMOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIOと原田さんが教授を務める芝浦工業大学建築学科原田真宏研究室が2013年に改修したプロジェクトだったようですが、2017年のタイミングで隈研吾さんによって再度リニューアルしています。
早速建物を見ていって見ましょう。
まずはこの建物では横丁といっても1つの建物の中に複数の店舗を凝縮しています。
一つの建物ながら古くからある路地感と戦後の闇市のような雑多でエネルギッシュなイメージを感じるような設計となっています。
まずはどうしても目に入ってくる車輪車輪車輪
自転車の車輪の廃材を使ったデザインが特徴的です。
これは施主が廃材が好きということと、予算を抑えるということからこのようなデザインとなったそうです。
店内の雰囲気はとてもよく、建物の中のお店とお店の間に壁があるわけではないので、十分な広さを感じて居心地がよいです。
それでいて視線は抜けて、他の店舗のにぎわいも伝わってくる、まさに路地裏で肩を寄せ合い様々な人が集うハーモニカ横丁の雰囲気を継承しています。
映画「ブレードランナー」のように古いのだけれど、近未来的でスタイリッシュで、エネルギーに満ちた空間です。
この辺りがハモニカ横丁の戦後の闇市感と上手く繋がっていますね。
一人で行くもよし、グループで行くもよし、デートにもすごくおススメなスポットとなっています。
隈研吾さんといえば例えば馬頭広重美術館や根津美術館をはじめ竹による線の繊細な演出が得意なイメージがあります。
これがここではなんと自転車のスポークによって隈研吾さん得意のその美しさや雰囲気が生かされていることにも注目です。

色々なお店が入っているので何度行っても新しい発見がありますし、複数のお店のメニューを頼むことも可能なスペースもあるそうです。

私は三鷹のジブリ美術館に行った帰りにたまたま寄ったことで出会った建築でしたが、三鷹に行った際には是非とも訪れたいスポットとなりました。オススメです。


↑合わせて読みたいおススメ書籍「死ぬまでに東京でやりたい50のこと」

名称:ハモニカ横丁ミタカ
設計:隈研吾
所在地:東京都武蔵野市中町1-5-8
最寄り駅:三鷹駅徒歩2分
竣工:2017年(リノベーション)



建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築やデザイン好きな人はこちらから見てみてもらえるとうれしいです^^

■他にもこんな記事がおススメです
・映画と建築の両方が堪能できる都内のミニシアター10選【東京】
・ジブリ美術館の建築的魅力を徹底解説!【東京三鷹】
・日比谷公園は建築見学の宝庫!その見どころを徹底紹介!【東京日比谷】

タイトルとURLをコピーしました