有明ガーデンを見学!建築好きが注目の臨海都市をレポート【東京有明】

こんにちは。建築好きのやま菜です。
今日は有明にオープンした新スポット有明ガーデンを見学してきましたので、建築好きの視点からその魅力やポイントをレポートしたいと思います。

有明ガーデンは臨海副都心にできた大型複合施設で、巨大ショッピングモールやシアター、露天風呂付きの温浴施設やホテルなど様々な施設が集まる複合建築です。
2020年の夏、東京で最も注目される新スポットの1つである有明ガーデンについて、その具体的な建築内容や実際に訪れてみて感じたことを中心に書いていきたいと思いますので、この施設について知りたい!という方は是非ご覧になって参考にしてもらえればと思います。

【こんな人におすすめ!】
・新スポットである有明ガーデンを実際に訪れた人の感想を聞きたい
・有明ガーデンの建築や建築デザインの見どころや、注目ポイントについて知りたい
・建築に興味があって、具体的に建築のどこに注目して見ると面白いのか知りたい

スポンサーリンク

1.有明ガーデンとは?

有明ガーデンは東京湾岸の有明地域において国家戦略特区事業として整備された大規模複合施設です。
敷地面積約107000㎡の広大な敷地に店舗数200店を超える大規模商業施設、8000人規模の劇場、総戸数1500戸超のタワーマンション、温浴施設、ホテル、劇団四季の劇場といった施設が整備され、臨海副都心・湾岸エリアの新しい拠点として大きく注目されています。

2.アクセスや施設構成は?

有明ガーデンへのアクセスはゆりかもめ有明駅からは徒歩2分、りんかい線国際展示場駅からは徒歩5分となっています。
私は行きは国際展示場駅から、帰りはゆりかもめの有明駅からアクセスしましたが、どちらの駅からも有明ガーデンの超高層タワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」が見えるので、迷うことなくアクセスできると思います。
詳しいアクセス方法は公式HPにも写真付きで紹介されているので、そちらを確認するのがおススメです。

りんかい線もゆりかもめも駅から歩いてスグなので、自宅や待合わせ場所に合わせて選ぶのがよいでしょう。
尚、商業棟に隣接して1400台収容の立体駐車場も設けられているので車でのアクセスも可能です。

施設構成は以下のようになっていて、まさに1つの街といった規模です。
住まいからショッピングや文化まで、日常と非日常の両方を内包した臨海都市といった内容ですね。

・商業施設:ショッピングシティ 有明ガーデン
→地上5階・地下1階、総店舗200店舗を超えるショッピングセンター
・多目的ホール:東京ガーデンシアター
→地上6階・地下1階、約8000名収容の劇場
・タワーマンション:シティタワーズ東京ベイ
→最大地上33階、総戸数1539戸のトリプルタワーマンション
・温浴施設:泉天空の湯 有明ガーデン
→地上6階、地下1階のスーパー銭湯
・宿泊施設:ホテルヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明
→地上16階・地下1階、749室の客室をもつ宿泊施設
・専用劇場:・有明四季劇場(2021年オープン予定)
→地上4階、約1200名収容の劇団四季専用劇場
・公園/広場:有明ガーデンパーク、スポーツエンターテイメント広場
→6800㎡からなる広場と8780㎡のイベント会場・広場
・認定こども園:武蔵野大学附属有明こども園
→地上3階、280名収容の認定こども園

3.早速見学!何もかも巨大なスケールは圧巻

有明ガーデンはりんかい線の国際展示場駅を出て北に5分ほど歩いたところにあります。途中ゆりかもめのあり有明駅を横目に通過しますがこの辺りからな南側の街区に配置されるタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」の巨大な姿に目を奪われます。

シティタワーズ東京ベイは総戸数1500戸を超え約110mのタワーが3棟連なっています。
白い外装材にブルーのガラスが臨海地区らしいタワーマンションですね。

マンションの足元に広がるベデストリアンデッキを進むと、まずは敷地の西側にあるホテルとシアターが見えてきます。
ホテルは有明ガーデンの西側、臨海部と反対方向の端に建っていて、水平方向を強調した外装が特徴的な建築です。

先日紹介したウォーターズ竹芝もそうですが、臨海部に建つ巨大建築は水平方向を強調するデザインになる傾向がここでも見られますね。
大きなボリュームを水平ラインで分散しつつ、臨海部の水平ラインに合わせるようなデザインとなっています。
関連記事
・ウォーターズ竹芝に潜入!話題の新スポットに訪れてその秘密をレポート

ホテルを右に曲がると左に多目的ホール「東京ガーデンシアター」その先には商業施設「ショッピングシティ 有明ガーデン」が見えてきます。
有明ガーデンの建物は基本的には水平方向を意識したデザインがなされているのですが、水平方向のラインを基調としつつ、空間としてはひらけている広場スペースには平面的なベンチ、高層タワーは垂直ラインを強調するなど建物の空間や大きさに合わせた素直なデザインを追加しているのが面白いです。

「東京ガーデンシアター」と「ショッピングシティ 有明ガーデン」の間のスペースは巨大なアトリウム空間にっていてイベント広場としても利用されます。
東京ガーデンシアターは総ごとに建物ボリュームがズレるようにせり出しているのですが、上を見上げると軒天部分がミラーになっていて下にいる人々を映し出しています。

空間的な巨大さにも圧倒されますが、ミラーの効果で更に奥行きを増して非日常的な浮足立つような広場になっています。

東京ガーデンシアターは8000人収容の大規模ホール温浴施設「泉天空の湯」の他、2020年秋には都内最大規模の無印良品などの商業施設がオープン予定です。
私が訪れたグランドオープン当初はエスカレータも閉鎖されていましたが、これから徐々に新規店舗がオープンして広場も賑わっていくのでしょう。
今からオープンが楽しみです。

北側に周ると右手に先ほど見たアトリウム、左手には丸くカーブを描くようにえぐられた外部のアトリウムが見えます。

後半は内部&ガーデンを見学!


↑有明ガーデンを設計した竹中工務店のこの10年の作品集もおススメです。
「新建築2020年4月別冊/TAKENAKA DESIGN WORKS 2011-2020」
タイトルとURLをコピーしました