東孝光の極小住宅「塔の家」は東京のアインシュタイン塔【東京青山】

東京建築巡り

今回紹介する建築はこちら。

塔の家」という建築家の東孝光さんの設計した東京青山に建つ自邸です。
 
建築の世界では戦後日本の個人住宅の傑作として東の「塔の家」、西の「住吉の長屋(設計:安藤忠雄氏)」と云われ、都市住宅という言葉を生みだした記念碑的建築です。
6坪に満たない敷地に建てられたこの住宅は1966年の竣工。
風呂やトイレの扉さえも取り除かれた内部構成は、住むための空間を極限まで小さくし、それでも都心に住むという意思と覚悟をもったアヴァンギャルドな住宅です。
 
有名な住宅なので詳しい解説は他の書籍やウェブサイトに譲るとして、ここでは独自の切り口この住宅を見てみたいと思います。
この建築を見て頭に浮かんだこと。それは「アインシュタイン塔?」です。
何をいっているのか分らない人がほとんどだと思いますが、アインシュタイン塔と有名な物理学者アインシュタインのことではなく、エーリヒ・メンデルゾーンという建築家が1920年代に設計した「アインシュタイン塔」という建築のことです。
エーリヒ・メンデルゾーンはル・コルジュジェと同じ1887年生まれのドイツ出身の建築家でアインシュタイン塔はその処女作です。

アインシュタイン塔- Wikipedia

このアインシュタイン塔は「表現主義」の建築と呼ばれ、同じコンクリートやガラスといった新たな素材や技術を使い、合理的でインターナショナルな普遍性を謳うコルジュジェらに対し、非合理的・内面的な造形を通して理想な建築や社会の実現を主張するものでした。
 
「塔の家」も「アインシュタイン塔」も同じ5階建てで、低層部はセミパブリックに開きつつ、上層部はプライベートな空間としている構成などの類似点も面白いです。

表現主義では単に造形的な形に目が行きがちですが、合理性では割り切れない個人の内面や主観の側から豊かで理想的な社会に近づこうという側面が重要なのだと思います。

そう考えると、住宅という個人の内面的な主観的な部分が色濃く反映された建築を通して社会に主張した「塔の家」は、表現主義が主張しようとして消えていった理想を、東京の地で昇華させた建築と見ることができるのではないでしょうか。
 
アインシュタイン塔の最上部には物理学者アインシュタインの相対性理論を実測検証するドームがありましたが、塔の家の最上部には東孝光さんの娘さんである東利恵氏の部屋がありました。
【青山】塔の家3
小さいころから都心の街やそこを行きかう人々を「観測」して育った娘さんは現在建築家として数々の建築を発表しているのはとても興味深いです。
半世紀以上に渡って様々なひとに影響を与え続けた「搭の家」は見れば見るほど傑作といえる奥深い作品でした。

※余談になりますが、「塔の家」の斜め向かいに建つワタリウム美術館もマリオボッタという建築家の作品が日本で唯一見れるおすすめ建築です。機会がありましたら紹介したいと思います。

■まとめ
・都市住宅の傑作「塔の家」は「都心に住まう」という強い意思と覚悟をもったアヴァンギャルドな住宅
・表現主義建築の代表作「アインシュタイン塔」と不思議な共通点に注目すると面白い建築


↑かなり古い本ですが、東孝光氏の著作「住まいと子どもの居場所100章」も合わせておススメの書籍です(Amazonで見る)


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築やデザイン好きな人はこちらから見てみてもらえるとうれしいです^^

■建築情報
名称:塔の家
設計:東孝光
所在地:東京都渋谷区
竣工:1966年

■他にもこんな記事がおススメです
・映画と建築の両方が堪能できる都内のミニシアター10選【東京】
・ジブリ美術館の建築的魅力を徹底解説!【東京三鷹】
・日比谷公園は建築見学の宝庫!その見どころを徹底紹介!【東京日比谷】

絶版や品切れになった本に投票して、得票数が多ければ復刊するというプロジェクト!子どもの頃に読んだ思い出の本や、もう読めない貴重な本に再び出会えるチャンスかも!?

タイトルとURLをコピーしました