ゴンノベーカリーがスゴい!街に開いた名建築パン屋さんを徹底レポート【東京葛西】

今日は東京都内の建築の素敵なベーカリー巡り第5弾として西葛西にあるゴンノベーカリーを訪れてきましたのでその模様をレポートします。
建築の設計事務所が企画~運営まで行うというちょっと変わったゴンノベーカリー、いったいどんなパン屋さんだったのか早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

1.設計事務所が運営するベーカリーが面白い

2021年に入り毎月建築とパンの両方が楽しめるベーカリー探訪を進めてきましたが、今回訪れたのは西葛西駅からほどなくのところにある「ゴンノ ベーカリー マーケット(gonno bakery market)」です。こちらのベーカリーは地元葛西の設計事務所がが企画から設計、さらに運営まで行う新しいベーカリーとしてずっと気になっていた建築。西葛西駅から10分ほど歩いき、駅前の喧騒もだいぶ落ち着いた住宅街の中にある地元密着型のベーカリーです。

■ゴンノベーカリー
営業時間:
 ベーカリー 8:00~18:00
 ランチ  11:00~14:30
 ディナー 17:00~22:00
定休日:月曜日、火曜日
席数:36席(店内24席、テラス12席)
HP:https://gonnobakerymarket.owst.jp

コンクリート打ちっぱなしの外観はまさに近年つくられた現代的な集合住宅といった装いですが、1階にベーカリー、2階にコワーキングスペース「FAR EAST of TOKYO」とこの建築をデザインした駒田建築設計事務所、3・4階が賃貸住宅というちょっと変わった構成の建物です。
1枚目の写真の手前側が今回の目的であるゴンノベーカリーの入る西葛西APARTMENTS-2(2018年竣工)。奥に見えるのが200年に竣工した西葛西APARTMENTSです。

元々は設計者である駒田氏の実家が建っていた場所でしたが、初めに総戸数10戸の西葛西APARTMENTSが完成。18年後の2018年に隣接して建つ商業と住戸の複合施設である西葛西APARTMENTS-2が計画されました。

2.最初に建てられたのはスタイリッシュで現代的な集合住宅

先ほども少し触れましたが西葛西APARTMENTSはまずは敷地西側に建つ全10戸から建つ集合住宅がその始まりです。
低層部は設計事務所が入居して、上層部に賃貸住宅が入る構成です。

コンクリートの外壁とシンプルなサッシはまさにデザイナーズマンションといった出で立ちです。
道路側はコンクリートで閉ざされているのですが、乳白色の開口から内部は光あふれる空間となっているようです。
住戸のタイプは全8タイプで階を跨いだメゾネットタイプも計画されています。
こういった集合住宅はどうしても画一的なプランとなってしまったり、低層階の日当たりが悪かったりといった問題がありますが、メゾネットをうまく入れ込むことで低層階と上階の良さを上手く両立させるプランなどが計画されているようです。

こちらは一階の駐車場部分。シンプルなデザインが美しいです。
奥に見えるガラスブロックからは、内部の空間に外のほんわりした光や街の賑わいが内部りゆるりと伝わる様が想像できます。


「TOKYO BAKERY & CAFE 東京のパン屋とカフェの本」
↑こちらの書籍も合わせて読むのがおススメです(Amazonで見る)

3.時間をかけてつくられた地元に開かれた建築に注目!

続いて東側に移動すると、今回の主目的であるゴンノベーカリーのエントランスが見えてきます。
最初に建てられた建物と後から建てられた建物の隙間はウッドデッキのオープンスペース、通称「7丁目PLACE」として開放されたコモンスペースがあります。
街の中にできた渓谷のように、地域の人やこの建築を訪れた人が憩えるスペースになっていて、私が訪れた人も子供が走り回ったりロードバイクを停めて休憩している人がいたりとうまく活用されているようでした。

こちらの西葛西APARTMENTS-2は1階がベーカリー・工房・カフェスペース、2階がコワーキングスペース・事務所、3・4階が賃貸住宅といった構成。
こちらもシンプルで洗礼されたデザインの外観が特徴で、軽やかで抜け感のある階段によって上階と地上部が繋がれています。

ゴンノベーカリーへは7丁目PLACEに面したエントランスから入ります。
購入したパンはテイクアウトも出来いますが、せっかくなので今回は奥にあるカフェスペースでいただきいます。

4.パンのお味は?素敵な空間とパンを堪能できる注目ベーカリーに突入!

中に入るとおいしそうな焼き立てパンが所せましと並べられていてテンションが上がります。
私が訪れた時間は開店直後の少し早い時間だったのですが、店内はそこそこの賑わい。
このゴンノベーカリーはランチの時間帯はピザやパスタも提供しているそうで、お昼時はかなりの賑わいになるようです。
ランチは公式HPから予約ができますので、お昼に利用する際は予約をしていくのが吉です。

パンの種類はスタンダードなものから、おなかを満たせるガッツリ系、最後のデザート用まで様々に並びます。
どれにしようか本当に迷ってしまいます。

ちょっと小腹を満たすだけならレジのすぐ向かいにあるカウンタースペースでもいただけます。

こちらは奥のカフェスペース。小さいスペースながら1人席からグループ席までいろんな席があります。
私が訪れたときは地元のテイクアウトのお客さんが多かったようで、途中からほぼ貸し切り状態でした 笑

早速購入したパンを開封!
今回はちょっとお腹がすく時間だったので、ベーコンエッグ、カレーパン、タルト、クロワッサンなどスタンダードなパンを混ぜつつガッツリめのラインナップです。
特にベーコンエッグは卵、キャベツ、マスタードなどいろんな材料が程よく細やかに入っていてとても美味しい!朝食や軽めのランチにピッタリでした。
カレーパンはやや甘めでもっちりしていて、お子様連れにも人気であろう優しい味でした。

こちらはクロワッサン。外はサクサクしていますが、生地は独特のもっちり感があっておいしかったです。

最後にデザートのタルト。1口食べると中にはプリンみたいになっていてまさに最後に食べるのにピッタリ。
甘さは控えめですが、小さい中においしさが凝縮されていて美味しかったです。
設計事務所が企画・運営しているパン屋さんということで侮っていましたが、さすがに地元の人気店だけあってパンの味も大満足のベーカリーでした。

5.設計事務所ならではの工夫あるれる空間を堪能!

もちろんゴンノベーカリーではパンの味だけでなく建築としての見どころも満載です。
ゴンノベーカリーの入る西葛西APARTMENTS-2のプランは3.0m×3.2mのグリッド状のプランとなっていて、グリッドの接点に設けられたT字・十字の構造によって構成されています。

この構造によって柱と柱の間の壁は自由に開口を開けることが可能となっていて、光が降り注ぐ大開口を設けたり、将来のプラン変更を容易なものにしています。
以前このブログでの紹介した多摩美術大学の図書館をさらに合理的にしたようなイメージの内観は、シンプルながらやさしく包み込まれているような安心感も感じます。
また、このカフェスペースで食事をしていて一番に気になったことは、室内がとても明るいこと。
照明は最小限しか配置されていないはずなのに、西側から入ってくる光でだいぶ明るく感じます。これも十字壁を使った構造形式によって大きな開口を開けれることに秘密があります。

天井を見上げてみると室内を照らす人口の照明はレールに取り付けられたスポットライト数基のみです。
写真の右にソケットが見えますが、ソケットの照明を使わなくても十分に明るい室内空間は本当に気持ちがよかったです。

奥の工房部はちょっと照明が多めになっていて場所によってフレキシブルな照明計画ができることが分かります。
また、内部は写真のようなコンクリートブロックの壁が内装に使われていますが、これは建物の加重を支えているわけではないので、状況によって簡単に変更したり拡張したりすることができます。
20年後、30年後、この建物がどのように使われているのか今からワクワクします。

最後にこちらはカフェスペースから見た7丁目PLACE。
ガラス越しですが、建物の内部がそのまま外部に繋がっているようで気持ちがいいです。
7丁目PLACEやこちらのカフェスペースはイベントスペースにも使われるようですので、イベントや季節によっては開口部を開けて一体的に利用されることもあるようです。


↑建築に興味がある人にイチオシの書籍は「世界でいちばん素敵な建築の教室」
本当に楽しくてわかりやすいので是非チェックしてみてください(Amazonで見る)

今回建築がカッコよくて人気のベーカリーくらいの軽い気持ちで訪れましたが、思った以上に豊かな建築×ベーカリー体験ができて、大満足な日曜日の午前となりました。


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければ応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■西葛西APARTMENTS/西葛西APARTMENTS-2
設計:駒田建築設計事務所
所在地:東京都江戸川区西葛西7-29-10
アクセス:西葛西駅より徒歩約10分
竣工:2018年(西葛西APARTMENTS-2)、2000年(西葛西APARTMENTS)
備考:ローカルリパブリックアワード2019入選、2019年度グッドデザイン賞ベスト100受賞、日本建築学会作品選集2020

■他にもこんな記事がおススメです
・日比谷OKUROJIがスゴい!建築好きがその魅力とポイントをレポート【東京日比谷】
・等々力渓谷で自然と建築を満喫!都心の真ん中の隠れスポットに潜入【東京等々力】
・2020年オープンの都内の注目建築を総まとめ!建築好きが徹底レポート【東京】

タイトルとURLをコピーしました