大さん橋国際客船ターミナルの建築を徹底レポート!【横浜】

関東建築案内

今回紹介する建築はこちら。
【横浜】大さん橋国際客船ターミナル1

大さん橋国際客船ターミナル」です。
これを建築といっていいのかどうか迷うほどの、建築の様な公園のような、はたまた海に顔を出した鯨の上を歩いているかのような不思議な構築物です。

【横浜】大さん橋国際客船ターミナル3

1995年に開催された国際コンペでfor(Foreign Office Architects)というイギリスの建築家2人が選出されて実現した作品です。
この作品のポイントは、床・壁・天井・屋根といった縛られた概念で建築をつくるのではなく、それらすべてが一体となった1つの構築物として建築が提案されたこと、そしてそれが絵空事でなく現実に実現してしまったことにあります。

このブログでも何度か触れてきましたが既存の建築の言語(「床」や「壁」や「屋根」など)はものすごい力を持っています。
通常私たちが建築を認識するときは、「これは床」「ここは壁」と当たり前のように認識しています。しかしforはそうした建築言語を乗り越えることを試みました。
これは日本のみならず世界にも大きな衝撃となり、その後の建築の転換点ともいえる建築物になりました。
フルCG(コンピュータグラフィックス)で創られたコンペ時の流動体のようなパースに対して、竣工した建物が全然違うイメージになっているとの批判もありましたが、今や横浜を代表するランドマークとなっていることは誰もが認めることだと思います。

【横浜】大さん橋国際客船ターミナル2

コンピューター上で無数の形をシミュレーションし、大量の「あったかもしれない建築」が平行して生み出すことができます。
その無数の架空の建築の中からたまたま現実に建てられた1つの案が今見ている大さん橋国際客船ターミナルであるともいえます。
ちょっと条件やタイミングを変えるだけで案が無数に分岐していく建築。そう考えると何処か現実離れしたこの建築もなんとなく腑に落ちる気がします。

但し、 大さん橋国際客船ターミナルが現実世界に生まれて20年近く立ちます。
コンピューターの中で生まれた建築は現実世界の中で様々な人に使われ、そこでしか起きなかった想い出や出来事を無数に生み出します。
実際に建てられたことでコンピューター上にはなかった意味がつくられていく、それこそ実際に建った建築の強さと醍醐味なのだと気づかされる建築見学となりました。

■建築情報
名称:大さん橋国際客船ターミナル
設計:for(アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ファッシド・ムサヴィ)
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通1-1
最寄り駅:日本大通り駅徒歩7分、関内駅徒歩15分
竣工:2002年(コンペ~基本設計は1990年代後半)


↑合わせて読みたいおススメの書籍です!「ハイパーサーフェスのデザインと技術―やわらかな時代の建築に向けて」
建築学ランキング
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築やデザイン好きな人はこちらから見てみてもらえるとうれしいです^^

■他にもこんな記事がおススメです
・東京にイタリア街!?デートにも観光にもおススメのスポットを徹底レポート【東京汐留】
・世界で5店舗目のプレミアムスターバックスをその建築と共に徹底レポート【東京中目黒】
・湖に浮かぶ駅!?大井川鐵道の奥大井湖上駅に行ってきた【静岡県奥大井】

絶版や品切れになった本に投票して、得票数が多ければ復刊するというプロジェクト!子どもの頃に読んだ思い出の本や、もう読めない貴重な本に再び出会えるチャンスかも!?

タイトルとURLをコピーしました