大江戸線 飯田橋駅の地下に増殖する謎のフレームを解明【東京飯田橋】

東京建築案内

今回紹介するのは「都営地下鉄 大江戸線 飯田橋駅」です。
【飯田橋駅】飯田橋駅1

初めて見る方は驚かれるかもしれませんが、これが地下鉄の駅です。上の写真は地下鉄のホームに向かう階段に設けられた「ウエブフレーム」というものです。

大江戸線 飯田橋駅は土木的な技術要件から必要な形や計画のほとんどが決められる地下鉄建築において建築家側から様々な工夫・提案が試みられた建築ですが、今回はこの「ウエブフレーム」に焦点を絞って紹介したいと思います。

ウエブフレームではコンピュータプログラムで空間を自動発生させるということが試みられています。

大江戸線の駅は地下鉄の中でもとりわけ深いことで知られています。結果長い階段が必要で単調になりがちです。天井は高いほうが圧迫感がなくてよいのですがその分工事費は高くなります。

できるだけ天井を張らずに、圧迫感をなくしつつ照明などの設備も配置し、ポイントでは空間の広がりをもたせつつ、単なる繰り返しでないデザインをつくる!!こんな難題に答えるためにコンピューターを使って目的に沿った形状を発生させることが試みられています。
【飯田橋】飯田橋駅2

 

これは「アルゴリズミック・デザイン」とも呼ばれるデザイン手法です。
人間の手ではとてもやってられない複雑な条件を上手く解く手助けをコンピュータに行ってもらおうということです。
飯田橋駅はその先駆けとなる建築で、設計者の渡辺誠さんはこの研究をずっと続け、数々の実際の建築で試みています。
アルゴリズミック・デザインは端に奇抜で複雑な形をつくるのではなく、合理性や経済性、さらに人が考えただけではできなかった偶発性を設計者にもたらしてくれる新しい建築の作り方なのです。
これは今までの建築のつくり方とは異なるこの手法は、現在最も注目されている建築手法の1つで、2000年以降様々な研究や実際の建築がつくられ始めています。
そのあたりも今後紹介していければと思います。

【飯田橋】飯田橋駅3

ホームの天井。中央部は通常設備を入れるため天井を張って架構を隠してしまうところを、工法や設備の位置を工夫して広がりがある空間をつくっている。他の地下鉄のホームと比べてみるとわかりやすいです。

■まとめ
飯田橋駅の「ウエブフレーム」は単に斬新でアートなデザインというわけではなく、コンピュータと建築家が協働する新しい建築手法の実践
■建築情報
名称:都営地下鉄 大江戸線 飯田橋駅
設計者:渡辺誠
所在地:東京都文京区後楽2-1
竣工:2000年


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

■他にもこんな記事がおススメです
・プレゼントに最適!建築士&建築好きに贈るセンスのいいギフト10選
・市役所を改修!立川まんがぱーくは漫画読み放題のスゴい建築【東京立川】
・隈研吾が設計した浅草文化観光センターに初潜入してきた【東京浅草】
・鈴木エドワード氏の代表作!さいたま新都心駅を見学してきた【埼玉県さいたま市】

コメント

タイトルとURLをコピーしました