西日暮里駅がスゴい!リ・デザインされた話題の駅をレポート【東京西日暮里】

今日は2019年から2020年にかけてリニューアルが行われた西日暮里駅を訪れてきましたので、その模様をレポートしたいと思います。
現在JR山手線を起点に行われている東京感動線プロジェクトの中でもひと際注目を浴びる西日暮里駅、いったいどんな建築なのか、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

1.改修によって生まれ変わった駅西日暮里

西日暮里駅ではJR東日本が推進する東京感動線プロジェクトの一環として、「まちをまぜ、駅から新しい学びを」をコンセプトにした駅・駅周辺施設のリ・デザインが進められています。

この東京感動線とは山手線を中心にして沿線の多様性と、点を線にして面へとつなぎ、個性的で豊かな都市生活空間を作るプロジェクト。東京感動線は今回取り上げる西日暮里以外にも新大久保や高田馬場駅などいくつかのエリアで活動が行われていてますが、ここに西日暮里はその先駆的事例でもあります。

西日暮里駅では改札を出たところにあるコミュニケーション・ウォール エキマドや、駅コンコース内の学びやイベント空間エキラボniri、高架下の既存建築を改修した西日暮里スクランブルなどいくつものしかけがデザインされています。

2.コミュニケーション・ウォール エキマドが面白い!

まず初めに訪れたのがJRの改札と地下鉄出入り口を結ぶ通路に設けられたコミュニケーション・ウォール エキマドです。

このエキマドはL字の通路の壁面を駅利用者同士のコミュニケーションを創発する場としてデザインしたもので、地域の情報や取り組みを紹介するポスタースから誰でも書き込める黒板スペースまで様々な「マド」がデザインされています。

この窓は単に文字や絵による情報の掲示だけではなく、人がちょっと腰掛けられるようなくぼみになっているマドもあります。
ここに腰掛けてちょっとした立ち話をしたり、待ち合わせに使ったりと、人が介在するコミュ二ケーションを生み出すことを目指しているのアよく伝わってきます。

設置された黒板には大人から子供まで本当に色んな書き込みが見られます。
ともすればいたずら書きで溢れてしまいそうにも感じますが、今のところ十分許容できる範囲のカオスな書き込みとなっていました 笑

スマホやデジタルサイネージなど電子制御された情報があふれる中で、この100%アナログに頼った壁面はとても面白く感じました。

3.エキラボniri&BECK’S COFFEE SHOPにも注目!

エキマドの向かいにあるのはイベントやワークショップのためのスペースであるエキラボniri。
主に地域の住民を対象にした交流スペースです。

地下鉄に向かう階段のちょうど真上のスペースに設けられたエキラボniriはイベント以外でも解放されているので、隣のカフェで買ったコーヒーや軽食を食べる人や参考書を開いて勉強する学生までいろいろな人が利用していました。

エキラボniriのお隣にはカフェBECK’S COFFEE SHOPがあります。
こちらはエキラボniriと内部で繋がっていて、イベント時には一部を一体的に使ったり、飲食を提供したりといったことも可能です。

BECK’S COFFEE SHOPは座席もカウンター席から大小さまざまなテーブル席まであるので一人でもグループでも利用ができます。
エキマドに面した席では駅を行きかう人々を眺めながら食事ができるので、ぼーっと人間観察しながらカフェタイムを楽しむことも出来ます。これは駅ならではの楽しみ方ですね 笑

私が訪れたのは朝の時間帯だったので、折角なのでモーニングメニューを頂きました。
その名もスクランブルプレート(\390)。この後紹介する西日暮里スクランブルにかけているのがちょっと面白いです。

4.西日暮里スクランブルも見逃せない!

新生 西日暮里駅でもう一つ見逃せないのが駅を出てすぐのところに建つ2階建ての建物 西日暮里スクランブルです。
この建物は一部が高架下に食い込むようにして建てられた駅の付随施設
で、数年間未使用のまま放置されてきましたが、計7店舗を有する小さな複合商業施設として蘇りました。

写真左手に見えるのが西日暮里駅の出口ですが、正に目と鼻の先です。
小さな建物内には7つの店舗が入居していて、小さな店舗が詰め込まれて交錯する様はまさに小さな小宇宙のようでもあります。

残念ながら私が訪れた時はオープン前の時間帯でしたので中に入ることはできませんでしたが、小さく分断された店舗のスケールはどれも個性的なものばかり。
これは出店のハードルを下げて個性的で勢いのあるお店を誘致したりするためのしかけでもあります。

店舗は建物内の通路だけではなくて街側に開いてたりして絶えず街と交信しているように見えることも好感が持てます。

駅前の再開発やリノベーションというとどうしても規模が大きくなったり、綺麗でおとなしい紋切り型のものになりがちです。
こちらの西日暮里スクランブルはその辺がうまくデザインされていいて、そこにしかないオリジナルティを発揮していることにも注目です。

きれいでもかっこつけるでもなく大胆に塗られた外装は、力強さに溢れて西日暮里を少しずつ変えていっているように見えました。
他のどこの街にもない西日暮里だけの特別な建築。その建築が周囲を巻き込むために入念にデザイン・運営している一端を垣間見て、今後の西日暮里がどうなっていくのかとてもワクワクした気持ちになりました。

設計:HAGI STUDIO
エキマド サウンドアート:及川潤耶
所在地:東京都荒川区西日暮里5-24-1
竣工:2019年(西日暮里スクランブル、エキラボniri)、2020年(コミュニケーション・ウォール)
備考:2020年度グッドデザイン賞
東京感動線HP:https://www.jreast.co.jp/tokyomovinground/
西日暮里スクランブルHP:https://scramblebdg.com/


↑建築好きにはこちらの書籍がおすすめです!(Amazonで詳細が読めます)

↑建築に興味がある人にイチオシの書籍(Amazonで詳細が読めます)

建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければクリックして応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■他にもこんな記事がおススメです
・夢の島熱帯植物園がスゴい!新木場の隠れた名建築を徹底レポート【東京新木場】
・熱海で建築巡り!建築・デザイン好きにおススメのスポット10選【静岡県熱海市】
・建築巡りで参考にしたいおススメ本12選!関東編【建築マップ】

タイトルとURLをコピーしました