中目黒駅周辺で建築巡り!おススメの名建築10選を紹介【東京中目黒】

建築巡りまとめ

こんにちは。建築好きのやま菜です。
今日は中目黒駅周辺の建築巡りをしてきましたので、私が建築巡りで出会った建築について紹介したいと思います。

中目黒は昔から代官山と並んで文化の発信地として人気のスポットではありますが、駅からスグの地域に貴重な建築が密集している建築パワースポットでもあります。

建築巡りをしていると、1本裏の通りを歩いていれば面白い建築に出会えたのにといったことや、知らないとつい見過ごしてしまう名建築があった、という経験も少なくありません。

そんな有名建築家の作品や注目の建築が溢れる中目黒から、今回は10作品をピックアップしていますので建築巡りや建築鑑賞のガイドにしてもらえればと思います。

【こんな人におすすめ!】
・中目黒駅周辺にある名建築について知りたい
・中目黒駅周辺で建築巡りをする際のガイドにしたい
・建築に興味があって、いろいろな建築について知りたい

1.目黒区庁舎(村野藤吾)

目黒区庁舎は日生劇場や有楽町の旧読売会館を設計し、日本の戦後を代表する建築家・村野藤吾の代表作ともいえる建築です。
元々は千代田生命保険の本社ビルでしたが、千代田生命の経営破たん後、目黒市庁舎として改修されて今に至ります
アールがかかった外装のフレームや水面に建物を美しく反射する池、細かい意匠が施された天井や階段など見どころが満載です。
建築に興味があれば一度は見ておきたい名建築です。

関連記事
・目黒区総合庁舎がスゴイ!村野藤吾の傑作建築を徹底レポート【東京中目黒】

設計:村野藤吾(改修:安井建築設計事務所)
所在地:東京都目黒区上目黒2-19-15
最寄駅:中目黒駅徒歩5分
竣工:1966年(改修:2003年)

2.富士銀行中目黒センター(松田平田設計)

富士銀行中目黒センターは今から50年近く前に建てられた全国でも初期の全国銀行オンラインシステムのコンピュータセンターで、その為閉じた壁面が極端に多いのが特徴のビルです。
赤茶色のタイルとガラスによって、変形した敷地に無駄なく建ちながら外部の自然環境や光をふんだんに取り入れる開口部の配置が巧みな建築です。
半世紀近く建つ建物とは思えないくらい上質な佇まいをしているのに驚きです。

設計:松田平田設計
所在地:東京都目黒区
最寄駅:中目黒駅徒歩3分
竣工:1974年

3.日本生命中目黒ビル(槇文彦)

日本生命中目黒ビルは目黒駅のすぐ近くに建つ地上8階のオフィスビルです。
限られた資料によってですが、恐らく槇文彦の設計によるものと思われます。前面の正方形に綺麗に処理されたガラスのファサードや幾何学の図形の組み合わせは同時期に建てられた表参道のスパイラル等の建築にも共通するものがあり興味深いです。

設計:槇文彦
所在地:東京都目黒区上目黒2-9-3
最寄駅:中目黒駅徒歩2分
竣工:1985年

4.中目黒Tビル(伊東豊雄)

続いてご紹介するのは伊東豊雄氏の設計中目黒Tビルです。
当時としては珍しかったガラススクリーンと吹き抜けを前面に使った建築は、その後の日本建築に多用され多くな建築の流れになる「透明性」やこのブログでも何度か触れている「明確な階数を分らなくする建築」に繋がる最初期の建築でもあります。
ちょっとマニアックな建築ですが、伊東氏の初期~中期の重要な作品です。

設計:伊東豊雄
所在地:東京都目黒区東山1-17-16
最寄駅:中目黒駅徒歩10分
竣工:1990年

5.ローリス(板井宝一郎+セクションRアーキテクツ)

ローリスはもともとはアパレルの本社ビルとして計画されたようですが、現在はギャラリーとなりアート拠点として活用されています。
奥には傾いた壁が開口が見え、90年代前半の空気が伝わってきます。
道路に面する開口部分の内部には繊細で軽やかな階段が見え、中で行われている活動が街に発信されています。

設計:板井宝一郎+セクションRアーキテクツ
所在地:東京都目黒区青葉台1-14-18
最寄駅:中目黒駅徒歩約10分
竣工:1993年


↑建築に興味がある人にイチオシの書籍は「世界でいちばん素敵な建築の教室」
本当に楽しくてわかりやすいので是非チェックしてみてください(Amazonで見る)

6.TOWAオフィス(大江匡/プランテック)

TOWAオフィスは目黒駅から少し歩いたところにある冷凍・空調機器の専門商社の本社ビルです。
高くそびえる壁と全面のルーバーが特徴的ですが、上品な外装色から不思議と圧迫感は感じません。
各面にスリットやガラスブロックによる開口があり、内部に降り注ぐ光を想像すると面白いです。前面ルーバーの向こうはサンクンガーデンになっていて吹き抜けから大量の光が注がれオフィス空間に光と自然を届けていて気持ちが良さそうでした。

設計:大江匡/プランテック
所在地:東京都目黒区上目黒1-7-15
最寄駅:中目黒駅徒歩7分
竣工:1999年

7.郷さくら美術館(石井健/ブルースタジオ)

郷さくら美術館は中目黒駅からすぐ近くにある小さな美術館で、既存の店舗・事務所をコンバージョン(用途変更)して建てられました。
桜のトンネルでも知られる目黒川のすぐ近くの小さな住宅や店舗の中にあって、程よく小さなスケール感とインパクトを両立させた建築となっています。
桜を抽象化した外観一面の装飾が小さなスケールに分割されていて、親しみと愛着が持てます。夜には内部から漏れる光が美しく、昼夜共に、まさに街の小さなランドスケープといった趣になっています。

設計:石井健/ブルースタジオ
所在地:東京都目黒区上目黒1-7-13
最寄駅:中目黒駅徒歩5分
竣工:2004年

8.中目黒高架下(クライン・ダイサム・アーキテクツ+東急設計コンサルタント)

中目黒高架下中目黒駅を起点として東急線の高架下約700mを再開発したプロジェクトです。
SHARE(シェア)をコンセプトに東急線の一つ屋根の下、空間や時間をシェアする新しい街と商業の関係が試みられてます。
代官山の蔦屋書店と同じくここ中目黒の蔦屋書店もクライン ダイサム・アーキテクツが手掛けていることにも注目です。

関連記事
・中目黒高架下に突入!中目黒蔦屋書店と共にその建築を徹底レポート

蔦屋書店デザイン:クライン・ダイサム・アーキテクツ
建築設計:東急設計コンサルタント
商環境デザイン:丹青社
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目、2丁目、3丁目
竣工:2016年

9.東京音楽大学中目黒・代官山キャンパス(日建設計・戸田建設一級建築士事務所設計共同体)

東京音楽大学の中目黒・代官山キャンパスは中目黒駅から程なく歩いたところに出来た音楽大学のキャンパスです。
最新技術を導入したスタジオ、用途に合わせた様々なレッスン室と練習室、ラボやカフェ、オーケストラルームなどの様々な施設が地下空間や高低差も上手く活用しながら配置され、閑静な住宅街にある音楽大学を成立させているのはさすがです。
敷地中央には「音楽のみち」が貫通して一般開放しているほか、散歩道のような中目黒・代官山らしい外部空間が街と上手くマッチしています。

設計:日建設計・戸田建設一級建築士事務所設計共同体
所在地:東京都目黒区
最寄駅:中目黒駅徒歩12分
竣工:2019年

10.スターバックス リザーブ ロースタリー東京(隈研吾)

最後にご紹介するスターバックス リザーブ ロースタリー東京世界で5店舗目となるスターバックスの次世代店舗です。
店舗内で豆の焙煎を行いながらプレミアムな珈琲・空間を提供するスターバックスのこだわりと精神が凝縮された建物となっています。
外観設計は隈研吾氏によるもので、目の前の目黒川に呼応するようにデザインされた木製の庇やバルコニーは、現地で目黒川と合わせてみると興味深い建築です。

関連記事
・世界で5店舗目のプレミアムスターバックスをその建築と共に徹底レポート

外観デザイン:隈研吾
所在地:東京都目黒区青葉台2-19-23
最寄駅:中目黒駅または池尻大橋駅徒歩約15分
竣工:2019年


↑建築見興味があればこちらの書籍もおススメです
「Casa BRUTUS特別編集 死ぬまでに見ておくべき100の建築」(Amazonでチェック!)

いかがでしたでしょうか。
新旧問わず貴重な建築が満載の中目黒、建築散歩にはうってつけの地になっていますので、興味のある方は是非訪れてみて下さい。



建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築やデザイン好きな人はこちらから見てみてもらえるとうれしいです^^

↑目黒を散策するならおススメの書籍ですので是非見てみて下さい

タイトルとURLをコピーしました