TOKYO TORCHに注目!建築好きがその魅力をレポート【東京大手町】

今日は東京駅からほど近い場所で進む再開発プロジェクトTOKYO TORCHを訪れてきましたので、その模様をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

1.日本一の超高層タワーが誕生予定!先行オープンしたTOKYO TORCHを見学

今回訪れたTOKYO TORCHは東京駅八重洲口の北側にある常盤橋エリアの再開発プロジェクトで、2027年度には高さ約390mの超高層タワー(高さ日本一の予定)が誕生するビッグプロジェクトです。

常盤橋タワー

今回は訪れた2021年には、この一大プロジェクトの第1弾として、高さ約212mの常盤橋タワーが竣工しています。
地上38階地下5階建てのタワーの1~3階にはTOKYO TORCH Terraceと呼ばれる飲食店街が先行オープンしましたので、今回実際に訪れてきました。

常盤橋タワー

ブラックのフレームが、知的でクールなデザインとなっているタワーの下部にあるのが、TOKYO TORCH Terraceです。
同じく先行整備された広場や日本橋川沿いの景観を取り込むテラス席と一体となるようデザインされていて、食・働・癒の新たな結節点にあることが目指されています。

常盤橋タワー

数年後の2027年にはこの建物の向かいに高さ約390mの日本一高いビルが建つ予定。
ちなみにこの超高層タワーTOKYO TORCH TOWERは頂部デザインを建築家の藤本壮介氏が、低層部デザインを永山祐子氏が、広場デザインを福岡孝則氏が担当するなど、建築ファンとしても目が離せない注目のプロジェクトとなっています。

2.内部を見学!優雅で上品なデザインを堪能

TOKYO TORCH Terrace

こちらが1階部分のエントランスですが、名前の通りテラスが大きく張り出して広場や街との連続性が意識されているのが伝わってきます。
先につくられた常盤橋タワーは、シンプルで直性的なイメージですが、TOKYO TORCH TOWERの低層部は曲線を多用したデザインになるそうなので、2つのが合わさった時に上手く対比されることが意図されているのでしょう。

常盤橋タワー

直線的でクールな印象の外部空間から内部に足を踏み入れると、ちょっと印象が変わって商業空間らしい彩や賑やかさを感じるデザイン。
同じデザインモチーフでも場所によってカラーが異なっていたりと、定番ながらよくできたデザインとなっているのは、さすが大手組織設計事務所の力ですね。

常盤橋タワー

内部の照明の使い方も印象的で、自然光が入らない内部空間を様々な手法で演出しているのも見どころの1つです。

常盤橋タワー

低層部分は通常の2層分はあろうかというかなり高い階高なので、エスカレータはかなり壮観。
また、オフィス部分への連絡通路も、高い階高を活かした天井デザインになっているのも面白いです。

3.飲食店街TOKYO TORCH Terraceでランチを堪能

低層部分に入るTOKYO TORCH Terraceには、クラフトビール、フレンチ串揚げ、焼き鳥、フレンチといった全11店舗がオープンしています。

常盤橋タワー

ちょっとしたカフェ利用から、ランチ、ディナーまで幅広く対応できるのもうれしいところ。
まだ、オープンして間もないということもあって混み具合はさほどでもないので、しばらくは大手町・日本橋エリアで静かに食事をしたい時の穴場スポットとして重宝しそうです。

TOKYO TORCH Terrace

どの店舗も共用部分と同じくおしゃれで質の高いデザインで統一されているので、デートや記念日なんかにも利用できそうです。
ちなみに営業時間は以下の通り。時間は状況によっても変わっていくそうなので、訪れる前には是非公式HPをチェックしてみて下さい。
■営業時間:
 レストラン 
  平日・土曜 11:00~23:00
  日曜・祝日 11:00~22:00
カフェ
  平日・土曜 7:00~20:00
  日曜・祝日 9:00~18:00
公式HP:https://tokyotorch.mec.co.jp/

どこでランチをしようか迷いましたが、今回は2階にある野乃鳥 丹波赤どり専門 とりのや 本店をチョイス。
丹波赤どりは兵庫県丹波篠山にある老舗養鶏農家が育てた鶏で、こちらの店舗では約65日かけて育てたこだわりの鶏料理がいただけます。

常盤橋タワー

店舗のデザインもとっても素敵で、親しみやすさと高級感が程よくミックスしています。
料理は串焼きや唐揚げのほか、鶏のお寿司や鍋など様々な種類があります。
今回はランチということで、おススメのランチコースの丹波赤どり そぼろ重(1980円)を頂きました。

常盤橋タワー

ランチコースは3種の前菜、そぼろ重、デザート、ドリンク(アルコール可)がセットになったコース
そぼろ重というのは初めて食べましたが、素材の旨味や食感をしっかり感じるそぼろご飯は絶品で、間違いなく今まで食べたそぼろご飯の中でナンバーワンの美味しさでした。

正直食べる前はそぼろご飯で税込み2000円を超えるのはちょっとお高めだなぁとか、ホームページではランチ1100円って書いてあったけど実際は違うんかい!と思ったりもしましたが、結果としては大満足でした。

常盤橋タワー

デザートのアイスも柑橘の香りが効いていてとっても美味しかったです。
こだわりのお料理に加えて、ドリンクも含めてのお値段なので、むしろお得でしたね。

TOKYO TORCH Terrace

店舗の多くはテラス席が設けられていて、テラスに出ると広場や街と一体となるようデザインされているので、季節によっては外でご飯を食べるのもよさそうです。
私が訪れたのは12月だったので、テラス席は閑散としていましたが、もう少し暖かくなったら再訪してみようと思います。

常盤橋タワー

建物内の外周周りは、外部との繋がりを意識した開放的なデザインになっていて、これからもこの建物を起点に周りの環境や景観も変わっていくのだろうと思うとこれからが楽しみです。

4.足元のTOKYO TORCH Parkにも注目

TOKYO TORCHでもう1つ注目なのが、タワーの周りで整備が進む広場スペースTOKYO TORCH Parkです。

常盤橋タワー

TOKYO TORCH Parkは2027年に向けてどんどん変化していく予定となっていますが、日本橋川沿いの親水空間をはじめ、豊かな環境づくりが進められています。
私が訪れた時は年末の休日ということで少し閑散としていましたが、点在するパブリックアートが点在していたり、全国の名産品が体験できるTOKYO TORCH Marketをはじめ様々な仕掛けやイベントも満載です。

TOKYO TORCH MARKET
常盤橋タワーの広場

私が訪れた時もTOKYO TORCH Marketが開催されていて、ハードだけでなくソフト面の取り組みも進めているようです。

常盤橋タワー
常盤橋タワー

こちらは錦鯉のアート遊具。寒空の下広場にはまだ人がまばらだったので遊んでいる子供は見かけませんでしたが、都市のパブリックスペースとしてうまく機能してくれることを願うばかりです。
これから2020年代の東京を象徴するスポットに育っていくことが期待されるTOKYO TORCH。いったいどのような建築・街となっていくのか、これからも注目してみていきたいと思います。

設計:三菱地所設計
所在地:東京都千代田区大手町2-6-4
アクセス:東京駅徒歩約3分
竣工:2021年
営業時間:
 レストラン 
  平日・土曜 11:00~23:00
  日曜・祝日 11:00~22:00
カフェ
  平日・土曜 7:00~20:00
  日曜・祝日 9:00~18:00
公式HP:https://tokyotorch.mec.co.jp/

旅行を考えたらまずは大手サイトで調べてみるのがおススメです。予約だけじゃなく旅の情報ゲットにも有効なので、こちらから覗いてみて下さい。
【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約
一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

鉄板サイトですが、各社ごとにか~なりお得なキャンペーンをやっているので侮るなかれ!お得な情報や掘り出しものキャンペーンが満載ですよ^^


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければクリックして応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■他にもこんな記事がおススメです
・夢の島熱帯植物園がスゴい!新木場の隠れた名建築を徹底レポート【東京新木場】
・熱海で建築巡り!建築・デザイン好きにおススメのスポット10選【静岡県熱海市】
・建築巡りで参考にしたいおススメ本12選!関東編【建築マップ】

タイトルとURLをコピーしました