神楽坂周辺で建築巡り!おススメの名建築8選を紹介【東京神楽坂】

こんにちは。建築好きのやま菜です。
今日は東京の神楽坂周辺で建築巡りをしてきましたので、そこで出会った名建築について紹介したいと思います。
神楽坂は古い神社仏閣から江戸時代の面影を残す坂道や石畳の通りの残る歴史ある街としても知られていますが、実は世界的建築家 隈研吾氏の3部作をはじめ建築巡りにもピッタリの作品が点在する建築パワースポットでもあります。
そんな神楽坂を今日は建築の目線からたっぷり紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.赤城神社・パークコート神楽坂(隈研吾)

赤城神社・パークコート神楽坂は神楽坂駅の北口を出て1分ほどの場所に建つ神社と集合住宅です。
赤城神社は鎌倉時代の1300年(正安2年)に創建された由緒ある神社で、2010年に老朽化などの理由から「赤城神社 再生プロジェクト」として大規模な建て替え工事が行われました。
建て替えに際しては、建て替え資金を賄うために神社の土地の一部を使って約70年の定期借地権を持つ分譲住宅が計画されたことも特徴の一つです。
また、神社及び集合住宅のデザインは日本を代表する建築家でもある隈研吾氏が行ったことでも大きな話題となっていて、和の要素とガラスとアルミといった現代的な素材を組み合わせた建築も注目のスポットです。

詳細記事
・赤城神社がスゴい!隈研吾氏デザインの新し過ぎる神社をレポート【東京神楽坂】

設計:隈研吾/隈研吾建築都市設計事務所
所在地:東京都新宿区赤城元町1-10
アクセス:神楽坂駅徒歩約3分
竣工:2010年

2.都住創ラスティックビル(隈研吾)

続いて訪れた都住創ラスティックビルは赤城神社から西に5分程歩いたところにある地上7階全10戸の共同住宅で、あまり知られていませんが隈研吾氏の最初期の作品でもあります。
隈研吾氏といえば今でこそ木をふんだんに使った和の大家としてのイメージが強いですが、もともと隈研吾氏はコンクリートを多用したポストモダン建築でデビューした建築家でもありました。
都住創ラスティックビルも地上部には崩壊する過程のような柱の装飾があしらわれていて、隈研吾氏の初期の作風を知ることができる貴重な建築でもあります。
出世作でもあるM2(イオニア式の柱を巨大化したような建築)やドーリック(ドリス式の柱を巨大化したような建築)が竣工する直前に建てられた建築でもある点に注目してみると面白い建築です。

設計:隈研吾/隈研吾建築都市設計事務所
所在地:東京都新宿区天神町77-5
アクセス:神楽坂駅徒歩約5分
竣工:1990年

3.アユミギャラリー(高橋博)

ここから再び神楽坂駅に戻り、神楽坂駅の目の前に建つアユミギャラリーを巡ります。
アユミギャラリーは元々は大正~昭和初期にかけてイギリスで建築を学んだ建築家 高橋博のアトリエとして建てられた建築で、1984年に建物の1階をギャラリーとして改修され現在に至ります。
戦後間もなくに建てられ、イギリスと和風を折衷しながら丁寧に建築は、今見ても味わい深い貴重な近代遺産として存在感を放っています。

設計:高橋博(改修:鈴木喜一建築設計工房)
所在地:東京都新宿区矢来町114
所在地:神楽坂駅徒歩約1分
竣工:1954年(1993年改修)

4.la kagū(隈研吾)

la kagū(ラカグ)は神楽坂駅の南口すぐのところにある商業施設です。
元々は1969年に建てられた新潮社の倉庫でしたが、隈研吾氏の手によってリノベーションがなされ街に開いた新たな商業施設として生まれ変わりました。
残念ながらla kagūは2019年に一度閉店してしまいましたが、隈研吾氏のデザインをそのままに食品・雑貨を扱う「AKOMEYA TOKYO」の旗艦店として再オープンがなされました。
倉庫の構造体を上手く活かした大空間、地形のようなウッドデッキの大階段を追加することで街と連続する美しい建築に再生されていて、今や神楽坂のランドマークとなっています。

新潮社本館・別館

ちなみに隣接する新潮社の本館・別館も1959年の建築で、軽やかに並ぶ窓や味のあるタイルが特徴的ないぶし銀のような建物なので、訪れる際は是非合わせて見てみることをおススメします。

設計:隈研吾/隈研吾建築都市設計事務所
所在地:東京都新宿区矢来町67
アクセス:神楽坂駅徒歩約2分
竣工:2014年(改修)

5.矢来町の家(宇津木卓三)

続いて訪れた矢来町の家は神楽坂駅から南にほどなく歩いた住宅街の中に建つ事務所兼住宅です。
コンクリートや鉄骨、ガリバリウム鋼板などの素材を組み合わせながらシャープで図形的な美しさが際立つ都市型住居となっています。
素材から一見してシンプルで生活感のない建物のようにも見えますが、駐車場の先に見える谷のような中庭やコンクリートの隙間から見える屋上庭園など、都心の限られた敷地の中で快適な暮らしを享受できるできるようにデザインされていることが垣間見えます。

設計:宇津木卓三/アーキアン建築研究所
所在地:東京都新宿区
アクセス:神楽坂駅徒歩約3分
竣工:1995年

6.矢来亭(川口通正)

矢来亭は矢来町の家からすぐのところに建つ集合住宅です。
一見して木造の個人邸のようにも見えますが、実は地上3階の低層集合住宅で、建物の共用部分には随所に和の意匠が施されています。
門を入った内部では上空から光の射す路地のような内部空間が広がっていたり、玄関ホールを入るったガラスの先には坪庭があったりと外部からは想像できない豊かな空間が広がっています。

設計:川口通正/川口通正建築研究所
所在地:東京都新宿区
アクセス:神楽坂駅徒歩約4分
竣工:1998年

7.カフェ・ベローチェ神楽坂店(SUPPOSE DESIGN OFFICE)

神楽坂駅からまさに神楽坂を8分程歩いたところにあるカフェ・ベローチェ神楽坂店カフェ・ベローチェを運営するシャノアールの50周年を記念してつくられた旗艦店舗です。
これまでのブランドを一新し、「Casual&Rich」をコンセプトに掲げた店舗は、今日本で最も話題の建築家集団といっても過言ではないSUPPOSE DESIGN OFFICEがデザインを手掛けています。
建物の正面はクラシカルな丸窓や白と黒のスタイリッシュな外装となっていて、今までのベローチェのイメージから一新しています。
建物のエントランスと道路の間の中間領域は、人々が佇めるバッファーゾーンになっていて気軽に休憩することも出来ます。
グラフィカルな床のデザインや、トイレの表示システム、メニューや食器のリデザインなど様々な試みがなされていて、今都内で最も注目したいカフェの1つです。

この日はモーニングセットを頂きました

詳細記事
・カフェ・ベローチェ神楽坂店が面白い!生まれ変わった注目カフェをレポート【東京神楽坂】

設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE
所在地:東京都新宿区神楽坂4-1-1
アクセス:神楽坂駅徒歩約8分、牛込神楽坂駅徒歩約5分
竣工:2016年(改修)

8.大江戸線牛込神楽坂駅(前田雅之)

最後に訪れたのは都営大江戸線の牛込神楽坂駅です。
大江戸線は各駅を建築家がデザインしているのですが、その中でもこの牛込神楽坂駅は見どころの多いお気に入りの駅です。
駅の内装は永い歴史を持つ牛込の地をデザインコンセプトに、まるで地層のような黄土色のタイルが特徴的な建築となっています。
改札口付近は天空色と呼ばれるエメラルドグリーンの天井からはじまり、徐々に地層の中を入りこむようにしてアプローチする地下鉄ホームは一見の価値ありです。
地層をコンセプトにしながらも巧みな照明計画で明るく分かりやすいデザインとなっていたり、遠近感を錯覚させるタイルの貼り方など見どころ満載の駅となっています。

設計:前田雅之/空間工房
所在地:東京都新宿区箪笥町
竣工:2000年


↑建築に興味がある人にイチオシの書籍は「世界でいちばん素敵な建築の教室」
本当に楽しくてわかりやすいので是非チェックしてみてください(Amazonで見る)

建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければ応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■他にもこんな記事がおススメです
・新宿御苑は建築に注目!実は凄い新宿御苑の名建築を徹底レポート【東京新宿】
・2020年オープンの都内の注目建築を総まとめ!建築好きが徹底レポート【東京】
・建築巡りで参考にしたいおススメ本12選!関東編【建築マップ】

タイトルとURLをコピーしました