水道橋周辺で建築巡り!おススメの名建築10選を紹介【水道橋】

こんにちは。建築好きのやま菜です。
今日は水道橋駅周辺の建築巡りをしてきましたので、私が建築巡りで出会った建築について紹介したいと思います。
水道橋といえば東京ドームのイメージの強いスポットですが、東京ドーム以外にも駅からスグの地域に貴重な建築が密集している建築パワースポットでもあります。

建築巡りをしていると、1本裏の通りを歩いていれば面白い建築に出会えたのにといったことや、知らないとつい見過ごしてしまう名建築があった、という経験も少なくありません。
今回の記事では水道橋駅周辺の注目建築を10作品に厳選して紹介しますので、建築巡りや建築鑑賞のガイドにしてもらえればと思います。

【こんな人におすすめ!】
・水道橋周辺にある名建築について知りたい
・水道橋駅周辺で建築巡りをする際のガイドにしたい
・建築に興味があって、いろいろな建築について知りたい

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.東京ドームシティ/後楽園黄色いビル(竹中工務店)

まず初めに注目するのは東京ドームシティです。
「黄色いビル」は今から50年近く前に出来た地下1階 地上10階の建築です。
様々なアミューズメントパークが入っていて、時代によってプログラムを変えながら後楽園のランドマークとなっているビルです。
表側は立体的に動線が確保されていて、大量の人を上手くさばきながらビルの中に人を引き込んだり、その場に留まらせたり、東京ドームや後楽園遊園地に人を通過させるように上手く計画されているので、見学した際は通過したり留まったり中に入ってみたりと色々な動きをしてみると楽しいビルです。

東京ドームシティはこの黄色いビルをはじめスーパー銭湯で有名なLaQua(ラクーア)や2008年に開業したMEETS PORTなども同じ竹中工務店が手掛けているので、竹中工務店のデザインが一挙に堪能できる建築スポットでもあります

設計:竹中工務店
所在地:東京都文京区後楽1-3-61
最寄駅:水道橋駅徒歩3分
竣工:1973年

2.東京都戦没者霊苑(相田武文)

東京都戦没者霊苑は東京都の16万余にのぼる戦没者の慰霊の為につくられた施設です。
コンクリートの壁が立ち並ぶ敷地内はここが後楽園であることを一瞬忘れてしまう不思議な静けさと厳粛さを感じます。
立ち並ぶコンクリートの壁は相田さんの定番のデザインですが、コンクリートが連続して並んで、間の開口が少しづづズレながら風景が変わっていく様子は、霊苑としての想像力を掻きたてられて、不思議な説得力を感じます。

遺品展示室や休憩室も利用できるので、後楽園の建築を見る際は是非とも立ち寄りたい建築です。

設計:相田武文
所在地:東京都文京区春日1-14-4
最寄駅:水道橋駅徒歩7分
竣工:1988年

3.東京ドーム(日建設計+竹中工務店)

東京ドームはいわずも知れた日本を代表する全天候型のドームです。
内外の空気圧を利用して幅約200m、高さ60mという大空間を実現していて、イベントの際には数万人もの人で賑わいます。
遠目から見ると思ったより低いヴォリュームに見えますが、近づいていくにつれてその大きさに圧倒されます。
僅か0.8mmのガラス繊維膜を空気圧で膨らませる構造も驚きですが、人工芝巻機や可動式の客席、積もった雪を溶かすための融解システムなど設備面でも技術の粋を集めて計画されています。

ドーム内部の迫力もさることながら、外部にあるガラス屋根に覆われたアトリウム部分も大迫力です。大量の来場者を効率的に捌きながら、透明な傘からドームの熱気が都市に漏れ出すようなデザインとなっていて、東京ドームの隠れ注目ポイントとなっています。

設計:日建設計+竹中工務店
所在地:東京都文京区後楽1-3
最寄駅:水道橋駅徒歩3分
竣工:1988年

4.いろは館(室伏次郎/アルテック建築研究所)

いろは館は春日通りから少し入ったところにある事務所ビルです。
道路がL字に曲がる角に合わせて隅切りのように切り取られた低層部と、その上に張り出したバルコニーが特徴的な建物です。
プランを見るとバルコニー部分も含めて1つの部屋として計画されていて、最小限のコンパクトな寸法の中、上下や建物内部と上手く接続することで豊かな空間をつくることが試みられています。

設計:室伏次郎/アルテック建築研究所
所在地:東京都文京区小石川2-10-1
最寄駅:水道橋駅徒歩5分
竣工:1989年

5.文京シビックセンター(日建設計)

文京シビックセンターは文京区役所などが入る都市型の高層庁舎です。
地下4階地上28階建てて高さは140mを超えるので、庁舎としては都内で一番高い建物になります。
見どころは地下鉄駅に直結するアトリウム空間で、都市の中にありながらパブリックな場所をスマートに確保しています。
上層部の半円状にせり出した部分は展望台になっていて、無料で東京の景観を楽しめる隠れた展望スポットになっています。

設計:日建設計
所在地:東京都文京区春日1-16-21
最寄駅:水道橋駅徒歩5分
竣工:1999年

6.大江戸線春日駅(大野秀敏+アプル総合計画事務所)

春日駅(文京シビックセンター前駅)は文京区役所に直結する都営地下鉄大江戸線の駅舎です。
改札を入ると躍動感あふれる赤く波打つ天井がホームと改札を繋いでいて、後楽園での祝祭性を予感させるデザインとなっています。
地下鉄の駅では列車が走る線路側の壁に装飾を施すことが多いですが、春日駅ではあえて濃い目のパネルとシェードで光をコントロールすることでホームの明るさと浮遊感を演出してることもに注目です。

設計:大野秀敏+アプル総合計画事務所
所在地:東京都文京区春日1-16-17
竣工:2000年

7.東京ドームホテル(丹下健三・都市・建築設計事務所)

続いて紹介するのは東京ドームホテルです。
この建築の設計はが世界のタンゲこと丹下健三・都市・建築設計事務所が行っていることは知らなかったという人も多いのではないでしょうか。
シンプルでスマートな外観は、小石川後楽園からの景観に考慮して短辺方向は極端に薄くガラスのシリンダー状になっています。

道路側からは迫力があるのですが、少し移動すると驚くほど薄い大きな壁であることが分ります。
正にスマートな都市型ホテルといった外観は、ぐるりと周りを周りながら見てみると面白い建築です。

設計:丹下都市建築設計事務所
所在地:東京都文京区後楽1-3-61
最寄駅:水道橋駅徒歩3分
竣工:2000年

8.水道橋第三社屋(アトリエワン)※現存せず

水道橋第三社屋は水道橋駅を出てすぐのところに建てられた倉庫兼事務所です。
設計はアトリエワンが行っていて、アルミとガラスのシンプルな組み合わせながら、動物の顔のようにも見えるかわいらしさを併せ持つ建物です。
1階が事務所で上階は倉庫として計画されていて、シンプルで仮設建築のような建築でしたが、本当に短期間で取り壊されてしまい一旦駐輪場になった後に現在は新しいビルを建設中のようです。

設計:アトリエワン
所在地:東京都千代田区三崎町3-6-17
最寄駅:水道橋駅徒歩3分
竣工:2001年

9.ナインアワーズ水道橋(平田晃久)

ナインアワーズはホテル滞在時間を「1h(汗を洗い流す)+7h(睡眠)+1h(身支度)=9h」と設定し、宿泊の基本行動に特化した都市型の宿泊施設で、ここ水道橋が13号店となります。
設計を行ったのはナインアワーズ大手町、赤坂、浅草、半蔵門などの設計も手掛けている平田晃久氏で、このナインアワーズ水道橋は1階と6階部分が全面ガラス張りとなっているのが最大の特徴です。
この街に開かれたラウンジ空間が開放感と非日常感を演出していて、中間にある睡眠を行うカプセル部分と対比されているのが面白い建築です。
狭小敷地の厳しい条件の土地に建てられながらも、川のせせらぎや都心の絶景など外部の環境を巧みに取り込んで楽しめるようにデザインされています。

設計:平田晃久
所在地:東京都千代田区神田三崎町3-10-1
アクセス:水道橋駅徒歩約3分
竣工:2019年

10.トグルホテル水道橋(クラインダイサムアーキテクツ+入江三宅設計事務所)

最後に紹介するトグルホテル水道橋は、神田川・JR・首都高に挟まれた土地に建つ地上9階全84室の宿泊施設です。
代官山T-SITEや銀座プレイスなどのデザインでも知られるクラインダイサムアーキテクツがデザイン監修を行い、総武線を思わせる独特のカラーと神田川・JR・首都高の流れに呼応するような水平窓が特徴的な建物です。
通常1階に設けるフロントやラウンジをあえて最上階に設けることで、利用者全員が開放的で見晴らしのいい景観を楽しめるように計画していることも注目ポイントです。

設計:入江三宅設計事務所
デザイン監修:クラインダイサムアーキテクツ
所在地:東京都千代田区飯田橋3-11-4
アクセス:水道橋駅徒歩約5分
竣工:2020年


↑建築に興味がある人にイチオシの書籍は「世界でいちばん素敵な建築の教室」
本当に楽しくてわかりやすいので是非チェックしてみてください(Amazonで見る)

いかがでしたでしょうか。
レジャーのイメージの強い水道橋・後楽園ですが、レジャーと一緒に建築見学も可能なお得スポットが沢山ありました。
訪れた際にはちょっと注意してみてみると面白いかもしれません。


建築学ランキング
にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へにほんブログ村

↑建築系のブログランキング。よければ応援してもらえると嬉しいです。
建築やデザイン好きな人は他にも面白いブログがいっぱいあるので是非見てみてください^^

■他にもこんな記事がおススメです
・表参道は建築の聖地!建築見学におススメの作品厳選15選
・都電荒川線で行く建築巡りの旅!おススメ建築味わい尽し決定版
・本のプレゼントで迷った時に!オススメのギフト本ジャンル別20選

タイトルとURLをコピーしました