本のプレゼントで迷った時に!オススメのギフト本厳選20冊【ジャンル別】

おススメ書籍案内

皆さん友人や恋人に本のプレゼントってしたことがありますか?
私はあげる方ももらう方もよくするのですが、実際に選んでみると以外と難しいものです。

今回は本をプレゼントするというテーマに、贈ったら100%喜ばれるであろう本を厳選して8つのジャンルに分けて20冊用意しました。
大切な人へのギフトに、また自分自身へのご褒美に是非活用してもらえると嬉しいです。

1.文学

□銀河鉄道の夜
最初にオススメするのが、ご存知宮沢賢治の銀河鉄道の夜です。
こちらのバージョンのハードカバーの本では挿し絵が糸や布、ビーズといった素材を使ったアート作品を手掛ける清川あさみさんによって作られています。


↑Amazonで詳細を見る

私は好きな文学作品を3つ挙げるとしたら銀河鉄道の夜を必ずいれるくらいこの作品が大好きなのですが、この清川あさみさんデザインのハードカバーバージョンはまさに至高の一冊です。
もう、カンパネルラっていう主人公の名前からして美しくてワクワクしてしまいますし、「本当の幸とは」という深くて切ないテーマは今でもずっと考えてしまいます。

やま菜
やま菜

銀河鉄道の素敵な風景を、たっぷり堪能できて部屋に飾りたくなる一冊です。

□果てしない物語


↑Amazonで詳細を見る

2冊目はミヒャエル・エンデの果てしない物語です。
私が文学を読む一番の理由は、自分の知らない全く知らない世界に入り込んで、その世界を体験できるからです。
この本はまさにそれを叶えてくれる一冊で、子供のころから大人になった今でもその夢を変わらず叶えてくれる本です。
このハードカバー版は「バスチアンはあかがね色の本を読んでいたー」から始まる物語と同じように読む人を本の世界に連れて行ってくれます。買うなら文庫ではなく絶対こちらがおススメですよ!

やま菜
やま菜

灰色の箱に布のカバーの装丁は、ずっしりと存在感があります。ずっと側に置いておきたくなる大切な本となります。

□陰翳礼讚


↑Amazonで詳細を見る

陰翳礼讃は谷崎潤一郎の随筆で、私が学生の頃は建築学生は全員読んでおくべき必読の書とまことしやかに囁かれていた名著です。
デザインをやっている人では読んだことのあるという人も多い本ですが、最近出版された大川裕弘氏の写真を挿入したビジュアルブック版はプレゼントにピッタリです。
日の当たらない「陰り」の部分に美意識を見い出し、よく見えない暗がりがあるからこそそこに想像力が働くと説く谷崎の言葉には世界を見る目が一変します。

やま菜
やま菜

デザイナーやクリエイティブな仕事をする人へ送りたい一冊です。

2.絵本

□クリスマスを探偵と


↑Amazonで詳細を見る

クリスマスを探偵と、はドイツ南部の片田舎の探偵のカールと、その尾行中に出会った一人の男性との物語です。
なんとこの本、ミステリー小説で有名な伊坂幸太郎さんによる絵本なのです。伊坂さんらしく、謎が謎を呼ぶミステリーらしい話の展開と、ラストに向けてどうなっていくのかドキドキしながら読むことができます。
この本は言ってしまえばクリスマスの公園で、おっちゃん2人が話している、それだけなんです!でも読み終わったあとは温かく、充実した気持ちになれるとんでもなく不思議な本でした。

やま菜
やま菜

現代小説好き、ミステリーファンへのクリスマスのプレゼントには最適な一冊ですよ。

□100年の家


↑Amazonで詳細を見る

100年の家はヨーロッパに建てられたある家について、まさに100年間の出来事を定点観測した絵で、その100年の出来事が「家目線」で語られる物語です。
最初は荒れ晴れたぼろ屋だった建物が、人の手によって生命を吹き込まれていきます。読者はページをめくることで時の流れや日々の変化を感じ取る仕掛けとなっています。
過去の記憶から続く一連の出来事をその家と読者だけが目撃するという、とっても不思議な絵本体験を味わえる本です。

関連記事 こちらで詳しく紹介しています
・家の100年を定点観測で描いた絵本「百年の家」はスゴ本

やま菜
やま菜

描かれるのは1軒の家とそのごく周辺という小さな世界なんです。でも壮大な物語を目撃した気持ちになるスゴイ本です。

□旅の絵本


↑Amazonで詳細を見る

旅の絵本は世界各国の街や自然の風景が本いっぱいに書かれていて、まさに実際に旅をしているかのような体験ができる絵本です。
安野光雅さんによる繊細で細かな描写がとても魅力的な本で、何度も読んでいるうちにそれまで気がつかなかった発見が気付きがあるのもポイントです。
アメリカ編、イギリス編 、スペイン編と色々な街があるので、プレゼントする人に合わせてチョイスできるのも嬉しいです。

やま菜
やま菜

旅行好きな人にプレゼントするときっと喜んでもらえますよ!
また、実際に行けなくても旅行にいった感覚になれるのもグッドです!

3.グラフィックノベル

皆さんはグラフィックノベルというものをご存知でしょうか?
厳密な定義はしにくいので、言葉にするとざっくりとオトナ向けのシリアスな漫画となるのですが、私的なイメージでいうと漫画と映画と文学作品を足し合わせたもの、それがグラフィックノベルです。
「え、なにそれ?最高かよ!」と思った人は是非グラフィックノベルの世界に足を踏み入れて下さい!

□サブリナ


↑Amazonで詳細を見る

そんなグラフィックノベルの中で、代表的な作品といわれるのがこのサブリナです。
イギリスで権威のある文学賞であるブッカー賞にもノミネートされ、批評家からも絶賛された話題作です。
ある女性が失踪したことから始まる物語は、正直最初は単調でなコマ割や彩度の低い絵の連続から取っつきにくいです。
しかし、これが読み進めるうちにページをめくるのが止められなくなるのです!!
早く結末が知りたいのと、このままずっと読み続けたい気持ちの両方が渦巻きながらどんどん高まって、最後にはどういう気持ちになればいいか言葉にならない…!しかし今現代においてこの作品に出会えたことに感謝しかない大きな感動が残ります。
3600円と決して安くはないですが、確実にその価値はあります。値段が張る分、プレゼントとしてはピッタリです。

やま菜
やま菜

実は私もプレゼントとしてサブリナをもらったのがグラフィックノベルとの出会いでした。プレゼントしてくれた友人には本当に感謝しています。

□アライバル


↑Amazonで詳細を見る

アライバルは絵本作家としても知られるショーン・タンによる台詞がない絵だけで語られる物語です。
家族と離れて新たな土地に移住した男が、見知らぬ土地の中で様々なものに出会いながら生きていく物語です。
ひとつの絵がここまで雄弁に語りかけてくることってあるのかと常識が変わる体験でした。
そこに描かれる風景は決して存在しないものだけど、確かに存在してそうに感じてしまう圧倒的な描写力に震えます。
ポジティブに捉えれば一人の大人の男性が、様々な物に出会い世界の見え方が広がってていくという物語にも見えます。

やま菜
やま菜

セリフが一切ないからこそ、表情や仕草から無限の情報が受け取れるのがめちゃめちゃ面白いです。

4.ノンフィクション

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと


↑Amazonで詳細を見る

タイトルからしてちょっとイカガワシイ感じの本ですが、あっという間に読み終わってしまいました。
ヴレッジヴァンガードの女性店長が人生で悩み、行き詰まり、その結果始めたのが出会い系サイトで出会いまくって本を進めるという実話なのですが、これがとにかく面白いのです。 笑
タイトルからすると破天荒でキワモノに見えるかもしれませんが、一人の女性が本を媒介として自分の世界を少しずつ広げていき、人生を再始動していくという成長と再生の物語としても読むことができ、とても勇気付けられます。
色々な本がレコメンドされるのでブックガイドとしても重宝します!

やま菜
やま菜

私は2019年にこの本を2人の女性にプレゼントしていますが、どちらも凄く喜んでもらえました

□僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー


↑Amazonで詳細を見る

2019年最も話題になった本ではないかと思うイギリス在住のブレイディみかこさんとその息子さんの中学生活を綴ったノンフィクションです。
息子さんが通うことになったイギリスの中学校は「元・底辺中学校」で今ではユニークな取り組みを進めるちょっと変わった学校。人種も貧富も様々な環境で、プレ思春期の男の子が体験する様々な事件や出来事が起こります。
簡単には割りきれない、まさに世界の縮図のような場所で自分なりに考えて成長していく「ぼく」の姿に大人である私たちも大いに考えさせられ、胸を打たれます。
帯の「一生ものの課題図書」に偽りなしです!
とにかくこの息子さんが素晴らしく、「こんな息子がほしい…!、こんな息子になってくれれば…!」と思うこと必至です。そしてそれを受け止めるブレディみかこさんも素敵過ぎます。

やま菜
やま菜

子供が生まれて、春期に入る前のお子さんをお父さんお母さんにプレゼントしてあげて下さい !

5. 漫画

□風の谷のナウシカ


↑Amazonで詳細を見る

まず始めにオススメしたいのが、風の谷のナウシカです。
スタジオジブリのアニメとして知らない人はいないと思いますが、実は映画版のナウシカは全7巻ある原作の2巻の途中までだったことは以外と知らない人も多いはず。
原作となる漫画はもちろん宮崎駿氏によるもので、2時間の映画には描かれなかった壮大な物語が描かれています。
宮崎駿氏が全ての情熱をぶつけて描いているので、テーマも絵も本当に凄まじい作品です。

やま菜
やま菜

まさに一生ものの漫画。実物の絵の細かさがスゴイです。
プレゼントされたら大切な宝物になりますよ!

□AKIRA


↑Amazonで詳細を見る

続いてオススメしたいのが、第3次世界大戦から数十年後の「ネオ東京」を舞台としたSFアクション漫画の殿堂AKIRAです。
連載してたのは30年も前なので、若い世代は知らないって人がほとんどだと思いますが、後々のアニメや映画にも影響を与えた廃退美とも言える都市のイメージが圧倒的な画力で描かれます。
まさに一気読み漫画!読み終わった後はこの漫画を知れてよかったという気持ちでいっぱいになります。

やま菜
やま菜

30年前の漫画なのに、2020東京オリンピックや伝染病の流行などの今の状況を予言してた!と話題になっていますが今読んでおきたい漫画なのは間違いなしです!!

□東京メイト


↑Amazonで詳細を見る

漫画ジャンルで最後にオススメしたいのは、ショートショートの漫画を描かせたら右に出るものはいない戸田誠二さんの東京メイトです。
東京を舞台にさまざまな人の人間模様が描かれるのですが、どのストーリーも漫画の中のキャラクターが本当にそこにいるような実在感が凄い漫画です。
みんなそれぞれ違って、それぞれの日常を生きているのが伝わってきて、クールな東京のイメージが逆転して人の暖かみやつながりにほっこりします。
新年度で東京に来た人にプレゼントすると、きっと喜んでもらえると思います。

やま菜
やま菜

戸田誠二さんの漫画は他に「音楽と漫画と人」も最高です。こちらはクリエイターや音楽好きな人へ特にオススメな作品です。

6.教養系

□翻訳できない世界のことば


↑Amazonで詳細を見る

小さい頃の私は、Apple=りんごと訳されることに何の疑いも持ちませんでしたが、言葉はそう簡単に翻訳できないものだと知ったのは大学生になってからでした。本書はそんな言葉への興味や奥深さを改めて知ることができる一冊です。

例えば私たちは「木漏れ日」という言葉を使いますが、他の言語で木漏れ日をさす単語はないって知っていましたか?
逆にイヌイット語には「誰かか来ているのではないかと期待して、何度も何度も外に出て見てみること」に相当する言葉があるそうです。この行動、めっちゃ分かりますよね 笑
そんな翻訳できないことばたちが、魅力的な解説とイラストで紹介されている本書を読むと、言葉に対する感覚がアップデートされていきます。

やま菜
やま菜

海外のくらしや語学に興味がある人へのプレゼントに特にオススメの一冊です。

□世界をまどわせた地図 伝説と誤解が生んだ冒険の物語


↑Amazonで詳細を見る

この本で紹介せれるのは、かつては実在すると信じられていた幻の島や都市の地図です。
誤解や思い込みからつくられた間違った地図から、名誉やお金の為に捏造されたもの、神話の中で語られたものまで、様々な地図はどれも想像力や興味心をそそられるものばかりです。
いつの時代も未だ見ぬ土地や「ここではないどこか」に憧れるものですね。
眺めているだけでその時代にタイムトリップできて、読めば旅を始めたい気持ちになります。

やま菜
やま菜

特に歴史好きや地理好き、旅行好きな人へのプレゼントにオススメですよ!

7.イラスト集

□東京夜行


↑Amazonで詳細を見る

作品集でオススメは沢山あって迷ってしまうのですが、マテウシュ・ウルバノヴィチさんの東京夜行はイチオシの作品集です。
東京のさまざまな風景が水彩画で描かれているのですが、この作家さんは光や空気、水といった本来捉えにくい要素が物凄く魅力的に描かれています。
描かれるのは雑多な都市東京なのですが、無機質に見えていた都市が生き生きと輝いて見えます。
私たちのすぐ身の回りでも見方を変えるとこんなにも美しい世界なんだと感動してしまいます。

やま菜
やま菜

建築好きには前作「東京店構え」も絶対好きだと思うのでオススメです。

□TAIYOU: 自選画集


↑Amazonで詳細を見る

次にオススメするのは松本大洋さんの自選画集です。
松本さんといえば大傑作鉄コン筋クリートやピンポンといった作品が有名ですね。
この画集は本人厳選の小説の表紙、挿画、ポスター、Tシャツ、カットから選び抜きぬいた作品を一挙に見ることができます。
少し値ははりますが、プレゼントといて貰ったら宝物になっていまうくらい魅力的な絵たちを堪能できます。

やま菜
やま菜

内容からすると、むしろこの値段でも安いくらい素晴らしいイラストが満載です。

8.写真集

□MINIATURE TRIP IN JAPAN


↑Amazonで詳細を見る

写真集で最初におススメしたいのがミニチュア写真家の田中達也さんによる写真集です。
Instagramで話題になっているので見たことのある人も多いかもしれませんが、田中さんの写真は日常になるものを「見立て」て全く違った風景にしてしまうのですが、毎回その発想力とクオリティに感動していまいます。
想像力とユーモアが生み出した写真たちをたっぷり味わえます。
写真好きな人や外国人へのプレゼントはこれで決まり!

やま菜
やま菜

田中さんはInstagramで毎日作品をアップしているので気になった方は是非見てみてください!

□女子部屋/男子部屋の記録


↑Amazonで詳細を見る

女子部屋は地下アイドル、ネット配信者、歌手、モデル、ヘアメイク・アーティスト、主婦、劇団員、会社員、etcetc・・・の個性的な部屋の写真集です。
普段はなかなか覗くことのできない100人以上の女子の部屋は興味が尽きません。


↑Amazonで詳細を見る

一方女子に負けず、90人の男子部屋の写真を納めた男子部屋の記録もこれまた面白いです。
一人一人違った個性とこだわりと生活がそこにはあって、ドキドキワクワク、驚いたり呆れたりととにかく楽しめます。
ちょっと変わり種の写真集ですが、万人におススメできる写真集なので、プレゼントにはピッタリだと思います。

やま菜
やま菜

女子へは男子部屋、男子へは女子部屋の写真集をプレゼントしても面白いし、もちろん女子に女子部屋をプレゼントしても面白いよ

□couple


↑Amazonで詳細を見る

最後に紹介するのは橋口譲二氏の「couple」です。
タイトルの通り1990年から1992年に撮影した「カップル」の写真集ですが、面白いのは写真とともに名前や生年月日、趣味や収入などが記載されていることです。
また、映っているのは「結婚していないがお互いをパートナーとして認識しあっている2人」としているのもユニークで、103組のカップルは若い男女だけでなくLGBTのカップルや外国人も沢山取り上げているのが印象的です。
「この2人、結婚してたらもう60歳かぁ。孫とかいるのかな」「この人は今も日本にいるのかなぁ」「月収高過ぎ、絶対カタギじゃない 」などなど、写真を見ながら友達や恋人とワイワイ話すのが本当に楽しい本です。

やま菜
やま菜

まさにカップルにプレゼントしたい一冊です!これから長い道のりを一緒に歩んでいこうとしている人には絶対喜んでもらえます。

いかがでしたでしょうか。
本のプレゼントって中々悩みどころが多いのですが、今回紹介したのはどれもプレゼントとして貰ったら100%喜ばれると思います。
プレゼントを考えているけど迷っている人は、思い切って本のプレゼントをしてみて下さい。世界が広がる本の世界に皆でトリップしましょう!


建築学ランキング
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村

↑建築系のブログランキング。建築やデザイン好きな人はこちらから見てみてもらえるとうれしいです^^

■他にもこんな記事がおススメです
・昭和記念公園は建築作品のテーマパーク!その知られざる魅力を徹底解説【東京立川】
・都内の週末おススメスポット&建築を厳選!休日に行きたいところ20選【東京】
・高輪ゲートウェイ駅に突入!隈研吾による建築デザインの注目ポイントを解説【東京高輪】

絶版や品切れになった本に投票して、得票数が多ければ復刊するというプロジェクト!子どもの頃に読んだ思い出の本や、もう読めない貴重な本に再び出会えるチャンスかも!?

タイトルとURLをコピーしました